ブログ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ 

2018年 4月 19日 3日後はセンター試験本番レベル模試!!


 

どうもこんにちは。担任助手三年の数尾です。今日は久々にいい天気でしたね!明日以降も寒気を感じることなく過ごせるといいと思います。

今日が木曜日なので…3日後、なにがあるか知っていますか?

センター試験本番レベル模試です!

センター形式、本番の難易度の問題の模試なわけですが、皆さん対策できていますか?

東進生になって何回も受けて来た人は、2月に一度の恒例行事のように感じマンネリ化してきていませんか?

受験勉強において模試は、一番成績を上げるチャンスといっても過言ではないくらい重要です!

模試は、自分の実力を測るものだから、直前に対策とかしても意味がないという人がいますが、単語や公式暗記科目を直前に復習していくことで、点数が少し伸びる→判定がよくなる→モチベが上がる→勉強する→点数が伸びる→…といい循環に入ることができるので模試といえど直前の対策はしっかりしましょう!

また、目標得点を設定せずに受けるのは本当に勿体無いです。自分のこの時期取りたい点数取るべき点数を把握せずに受験するのは受験生として合格に近づけていないことを自覚しましょう。目標点の設定をしていないと模試を受験した後に反省がしにくくなってしまうので今、このブログを読み終わった後必ず決めよう!

自分は毎回二週間前に目標点を決めて、模試まで入念に復習をしていました!

以上、私、数尾が担当する最後のブログでした!

明日は楢戸先生が書いてくれます!

2018年 4月 18日 マスターのメンテナンスはやって当たり前

こんにちは。

担任助手1年の飯泉です。

本日は東進が実施している講座、「高速基礎マスター」についてお話します。

高速基礎マスターはセンターレベルを中心に、勉強の早期修得を可能にする東進独自のシステムです。

つくば校ではこの高速基礎マスターの徹底をして生徒の学力向上を図っているのですが、

マスターで最も大切なものは実は継続なんです!

高速基礎マスターはその名の通り高速学習が可能ですが、実は1度きりでは短期記憶に過ぎません。

高速基礎マスターのテストに合格した後も、「メンテンス」と呼ばれるテストを毎日繰り返すことによって短期記憶を長期記憶に変換し、真の力にすることができます。

実は修了判定テストに合格することよりも、合格した後も継続的に学習することこそが高速基礎マスターの本質です。

私自身、英語マスター全講座やり切り、その後も継続的にメンテナンスして早稲田や筑波大に合格することが出来ました。

噛めば噛むほど味が出るのがマスターです。自分の限界をマスターでこじ開けて下さい!

2018年 4月 17日 【部活生招待講習申し込み開始まであと3日】おすすめの講座紹介!

 

こんにちは!

担任助手2年の柳沢です。

最近寒暖差が激しくて服装が悩みどころです・・・

さて、今日は今月20日から始まる部活生招待講習に合わせて、

私のオススメの講座を紹介します。

板野先生『センター試験対策現代文』(70%突破)です!!

私はこの講座を高校2年生の秋冬で受講したんですが、

受講する前は、センター試験の問題を高校2年生で70%なんて、無理!

と思っていました。しかし、受けてみると、

板野先生システマチックで分かりやすい解説やノートの取り方から、文章の読み進め方で

センター試験の問題が理解できるようになったんです!!

そして、高2の1月。

センター試験同日体験では国語160点取ることができました!!!

ちなみに受験生の時のセンター本番は158点です。高2の方が高い・・・!

低学年で国語7割が不可能ではないことを分からせてくれました!

またこの冊子の付録として過去のセンターででた漢字問題言葉の意味の問題なども載っているため、

現代文を解き方だけでなく、基礎知識からもアプローチをかけられます!!

気になった方は是非体験受講して下さい。

 

2018年 4月 16日 塾内合宿があります!

こんにちは!担任助手の石田です。

学校も授業が始まって、いよいよ私も2年生になりました。

今年度も担任助手として、つくば校で勤務させていただきますので、生徒の皆さん、また、保護者の方々、どうぞよろしくお願いいたします。

今年度の自分の目標は「可能性の最大化」ということで、1年次ではおろそかになってしまった英語学習、自分の専攻の勉強、また、東進での働きも最大限に努力して、受験生に負けないようにしていきます!

 

さて、今日のテーマは自分の目標にも大きく関係するものです。

つくば校で5月5日、塾内合宿を開催します!

詳細な日時は5月5日の22時から5月6日の6時30分です。

ん?

いま疑問に思った人も多いと思います。

そうです。つくば校の合宿は夜から朝にかけて行われます!

さて、そんな意味はあるのでしょうか?体調が悪くなってしまったり、学習ペースが崩れてしまったりしないでしょうか?

はっきりいって、受験はそんなに甘いものじゃありません。

このくらいで体調不良を訴えていたら、夏休みの15時間勉強は確実に乗り越えられません。

そういった意味でも学習時間の大幅向上を目標にします。

夏はセンター過去問演習が控えていますね。8月末のセンター試験本番レベル模試で自分の目標点を確実に超えるためにも、10年分3周が必要と言われています。

そのために15時間勉強は必須です!

合宿で得られるものは時間の最大化だけではありません。

英語の高速暗記、演習を単語、熟語、文法、発音・アクセントのジャンル別を繰り返すことによって、学習効率を上げることもできます。

要は勉強で大切だと言われている、時間と質を最大化させることができるということですね。

受験生以外の高2、高1生も混ざって参加することができます。

これをきっかけに、夏休み、本気で努力しましょう!

今日のブログは以上!

 

 

 

明日の担当は柳沢先生です!

よろしくおねがいします!

2018年 4月 15日 来週はセンター試験本番レベル模試!

こんにちは!小林です。

今週末は天気が悪く今日も雨ですね、、、

気持ちは落とさず張り切っていきましょう!

さて、今日のテーマは、来週行われる、

「第2回4月 センター試験本番レベル模試」についてです。

まず、このセンター試験本番レベル模試は、

時期によらず実際のセンター試験とほぼ同様の難易度で作られている模試で、

年に6回、偶数月に行われます。

第1回の2月の模試は既に過ぎてしまったため

残り5回分のセンターレベル模試の一つが、

来週の模試ということです。

二か月に1回もあるのか、、、

と受験拒んでいると、あっという間に

12月の最終模試となってしまいます。

「まだ学習していない範囲があるから、選択科目は受けたくない」

「年度初めで全範囲の模試なんて、、、」

という意見もありますが、受験生に言ってしまえば、

この時点である程度全ての範囲の学習に手が届いていない場合、

既に他の受験生から遅れてしまっていると思ってください。

自分の志望校で使用する科目を全て受験するのはもちろんのこと、

必ず復習をして、意味のある受験にしてください!

模試の復習方法など、模試についてわからないことがあれば、

ぜひ他の担任助手に聞いてみてくださいね!