ブログ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ 

2019年 8月 4日 1日15時間勉強しよう!

こんにちは!担任助手の金内です!
いきなりらしくなってきて外にいるだけで汗かくくらいですね、みんな本当に体調だけには気をつけてください!


私ごとですが最近はWeb系のプログラミング言語の勉強してます。

みなさんWebページってどのように作られているか分かりますか?

インターネット上のほとんどのWebページはHTMLという言語で記述され同時にCSSという言語でレイアウトなど見栄えを整えられています。

そんでもって僕は今その2つの言語の勉強をしていて、より見やすくまとめられたWebページを作るのを目標にやっています。

大学生になったら自分のやりたい勉強にたくさん時間を割けるので皆さんも今は受験勉強を頑張ってください!



今日のテーマは「一日15時間勉強しよう!」です!


突然ですが、みなさん一日15時間勉強できてますか?
 
一日12時間勉強をする受験生と一日15時間勉強をする受験生では夏休み一ヶ月で90時間の差ができます。

志望校と自分の距離がまだまだ遠い人と思う人でも一日15時間の努力ができればまだまだ逆転可能です!

ここで一日15時間勉強の例を挙げてみます。人によってセンター過去問の復習にかかる時間は違うので参考程度に見てください!


6:00 早起きして朝ごはん&身支度
6:30 過去問1教科(60分)
7:30 東進に行く
8:00 朝登校からの解き直し(60分) 
9:00 過去問1教科+解き直し(120分)
11:00 過去問1教科+解き直し(120分)
13:00昼休憩
13:30過去問1教科(英or国)+復習(180分)
16:30過去問1教科+復習(120分)
18:30過去問1教科+復習(120分)
20:30帰宅して夕食、お風呂など
21:30過去問1教科+復習(120分)
23:30就寝


これでちょうど15時間勉強です!意外と行ける気がしませんか?

朝早く起きるのが少し大変かもしれませんがまだできてないというひとは挑戦してみて欲しいです!


以上、今日のブログ担当金内でした!

明日のブログは武田先生です!お楽しみに!

 

 

2019年 8月 3日 毎日模試について

こんにちは。本日ブログ担当の村上です。

七月の涼しさはうだるような熱気に吹き飛ばされ、のあるべき気候が訪れてきました。(それにしても暑すぎではないでしょうか?)
皆さんにとっての受験勉強本番を迎えるころでしょう。
勉強中はついつい集中しがちです。室内だからといって安心せず、こまめに水分補給をしましょう。

では今回のテーマは毎日模試についてです。
毎日模試とは、夏休み期間中に音読室を利用し、生徒自身がやりたい問題を持ってきていわば”セルフ模試”を行うことです。
ホームクラスで時間を自分で測って解く のもいいですが、案外集中できない人もいるのではないでしょうか?
そんな人はぜひ毎日模試を活用してください。
参加者全員が問題を解く意識できているので、ざわめきもなく、周りが集中して取り組んでいるので自分もまた全力を出すことができます。
夏休み中に過去問を終わらせる目標を加かがけている生徒はぜひ参加しましょう!

毎日模試のルールとして、

①毎日4限(13:30~15:00)に実施。

②開始から終了までの90分間は退出不可。

③持ち込む過去問は何でもOK!

④解答にはマークシートを利用しましょう。

この夏休みにたくさん問題を解いて場数をふんでいきましょう!

 

さて、余白の汚し程度に大学生を始めて四ヶ月の人間が何をしているかを書きましょう。
自炊
楽しい。ただ焼くことしか知らなかったぼくがだんだんと料理を覚えていくのは石器時代から進化していく人間そのもの。今度は自家製チャーシューを作ります。
勉強
楽しい。プログラムに強い友人たちに助けられ、トライアンドエラーの日々。今度は任意の言葉を出してくれるプログラムちゃんを作ります。
家事
嫌い。

エアコンの電気代に絶望しています
村上でした

2019年 8月 2日 8月センター試験本番レベル模試

こんにちは!

夏休みも1/4が終わりましたね。

 

受験生のみなさんは計画通り受験勉強が進められているでしょうか?

出来ている人はそれを最後まで継続しましょう。

出来ていない人は出来ていない原因を分析して改善していきましょう。

 

受験勉強をしていく上では、人それぞれ得意な科目、苦手な科目、いろいろあると思います。

人それぞれ自分が今やるべきことは違うわけですから、試験本番で得点が最大化できるような、自分に最適な勉強法を各自で考え、それに基づいて実行していきましょう。

これがしっかりできているか、いないかで夏以降の伸びが大きく変わってくると思います。

みなさんの成長に期待しています。

 

さて、それでは本題に移りたいと思います。

8月25日にセンター試験本番レベル模試があります!

 

皆さんこの模試の意味は理解できていますか?

たくさんある中の模試の一つ

のような認識ではないですか?

 

この模試は

「志望校から逆算して、今取らなくてはいけない点数をとる」模試です。

 

ところで、「今取らなくてはいけない点数」とは一体なんでしょうか?

僕が思うに、

得意科目は本番の目標点

苦手科目でも本番の目標点の8割くらい

のことだと思います。

 

これくらいの実力を夏の間でつけられれば、二次過去問演習においても確かな基礎力のもとで大きな飛躍が望めるでしょう。

 

高い目標ではありますが、皆さんなら必ず達成できると信じています。

 

悔いの無いように夏休みを過ごしてください!

 

2019年 8月 1日 大学合格基礎力判定テスト。

こんにちは。

本日のブログを担当させて頂く佐藤大河です。

本当に暑いですね。蝉さんも大喜びしてます。

暑すぎるので家では冷房を常につけているのですが、枕元にエアコンが設置されているのですぐ寒くなります。

寒暖差が激しいです。もうすぐ風邪をひくでしょう。

さて、今回のテーマは「大学合格基礎力判定テスト」です。

まずとっても大事なことから。

次回の大学合格基礎力判定テストは今週の日曜日、84にありますが、東進の建物の計画停電が実施されるため、私達スタッフも午前中は校舎に入れません。

そのため、ただでさえ閉館時間が早い日曜日で申し訳ないのですが、この日は12時開館となります。よろしくお願いします。

また、これは大学合格基礎力判定テスト(名前長い)を実際に受ける低学年の人への連絡になりますが、今回は12時開館なので、当然模試の時間割も普段とは大きく異なりますので気をつけてください。

さて、ここからは大学合格基礎力判定テスト(名前が長い)について書いていきたいのですが、ここで1つ問題が、

私は高23月に東進に入ったので、低学年が受ける大学合格基礎力判定テストというものを受けたことがありません。

なのですごく書きづらいですが頑張ります。

 

大学合格基礎力判定テストの特徴は、

センター本番レベル模試や全国統一高校生テストとは違い、1つの教科の中で大問ごとに制限時間が設けられているということです。(調べました)

これは正直私も受けてみたかったですね。

基本的に各大問は分野ごとに分けられているので、大問1つ1つに制限時間があると言うことは、苦手な分野に取り組まなければいけない時間が強制的に作られて、かつ自分がこれから勉強しなければを行けない苦手な分野をこの上なくはっきり知ることができますね

素晴らしいテストではありませんか。

調べててびっくりしました。

低学年の皆さんは、このようなテストをフル活用して受験生になる前に苦手な分野を少しでも減らしておくと、受験期を有利に過ごせること間違いないですよ。

以上、1人で盛り上がってましたが今回は大学合格基礎力判定テストについて書きました。

今日から勝負の8です。終わった後思い出して、「あの夏の俺は凄かったわ」と言えるような夏休みにしてください。

以上、炭酸ジュースを浴びたい佐藤大河でした!

2019年 7月 31日 都市計画の授業

https://www.toshin-tsukuba.com/%e5%9c%b0%e7%90%86b%e3%81%ae%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%96%b9%e6%b3%95/

 

こんにちは!本日ブログ担当のです。

 

 

先日、夏の風物詩『鳥人間コンテスト』が滋賀県の琵琶湖であり、筑波大も参加してきました!!

 

大会前日は悪天候でどうなることかと思いましたが、当日は晴れたので良かったです。

 

自分たちが作ってきた飛行機が飛んでいるのをみると本当に感動しますね。。。

 

 

さてさて本題に入ります。

今日のブログのテーマは『都市計画の授業』です。私が今大学で習っていることについて紹介したいと思います。

授業名は「都市計画入門」。名前の通りみんな都市計画について学ぶのは初めてなので、基本的なことを習います。

この授業は毎週教授が変わり、様々な分野のお話を聞くことができます。

中でもつくばの『緑地』についての講義が面白かったので紹介します。

 

 

皆さんは街路樹に注目したことはありますか?

「街路樹はどこにでもあるものだから特に気にしたことない!」という人が多いと思うのですが、実はいろんな工夫がされているんです!!

上の写真は東大通りです。

豊かですね

 

つくば市の大通りには60種類(大型街路樹で9種類)の植物が総延長51kmにわたって存在しているそうです。

 

また、街路樹のボリュームを高めるために車道部を1.5〜2m掘り下げたり、樹木を等間隔に並べるのではなく、3mmmm・・・というようにわざとずらして植樹しているそうです。

 

今まで街路樹はテキトーに植えられている感じがしていましたが、このような話を聞くと、歩いているときに注目して見てみようと思いますよね。

 

公園が多いこともつくばの『緑地』の特徴だそうです。

確かにつくばのどこを歩いていても公園を見かけますね。

学術都市でありながら、ロボットの街でもあり、緑豊かなまちでもあるつくばはとっても魅力的な都市ですね!!

つくば市内を散策して都市計画の勉強を深めていきたいと思います( ´▽`)

 

明日のブログは佐藤大河先生です!!

お楽しみに〜( ´ ` )ノ