11月 | 2019 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ 2019年11月の記事一覧

2019年 11月 3日 受験生必見!今後の入試スケジュール

こんにちは!担任助手の坂巻です!!

10月の全国統一高校生テストも終わり、受験生にとっては受験勉強もそろそろ佳境に入ってきています!

この時期は東進でも学校でも模試があり大変かもしれませんが、模試は復習しない意味がありません。予定立てをしっかりして、一つ一つの模試をしっかり復習していきましょう。模試を生かすも殺すもみなさん次第です。

さて、今日は受験のスケジュールを紹介していこうと思います。

主に受験生に向けてになってしまいますが、高校1年生も2年生も来年、再来年の予習として是非見て下さいね!

国公立大学志望の人私立大学志望の人ではスケジュールも変わって来るので分けてお話ししていきます。

国公立大学編

①センター試験 1/19 ,20

②出願受付 1/28~2/6

③私立大学試験

④前期試験 2/25

⑤後期試験 3/12

国公立大学志望の人でまず大切になってくるのがセンター試験です。国公立大学の一般受験者は原則このセンター試験を受験しなければなりません。そしてセンター試験の結果をもとに②志望大学への出願をします。④前期試験の前に③私立大学の受験をし、本番の試験の緊張感に慣れていくとともに、国公立大学の滑り止めとして合格を勝ち取っておきましょう。その後④前期試験⑤後期試験という流れになります。

国公立志望の場合、センター試験の過去問第一志望校の過去問私立大学の過去問(2~3校)の過去問を5年から10年分対策しておかなければならないということになります。

私立大学編

①私立大学出願受付 1月上旬~

②センター試験 1/19 ,20

③私立大学受験 1月下旬~

④合格発表 2月上旬~

私立大学の出願は、センター試験の前に始まります。センター利用を用いる場合でも、一部例外を除いてはセンター試験の前に出願をする形になります。そして、1/19,20のセンター試験を経て、私立大学の受験がスタートします。私立大学の受験は割合大学の難易度が徐々に上がっていくパターンが多いです。

私立大学志望の人は多くの大学、学部を受けることになるため、その分対策も大変になっていきます。

例えば、早稲田大学志望のAさんの場合、

成蹊大学、立教大学(全学部)、立教大学(社会学部)、立教大学(観光学部)、明治大学(全学部)、明治大学(文学部)、明治大学(情報コミュニケーション学部)、早稲田大学(文化構想学部)、早稲田大学(文学部)、早稲田大学(教育学部)

の計4大学 10学部を受験しました。

こうすると10種類の過去問を第一志望校は10年分その他は最低でも3~5年分とかなければなりません。

ここまでの話を聞いて、みなさんはどう思いましたか?

「あれ、、?時間足りない」

そうなんです。あと3か月、皆さんの受験勉強できる期限はもう長くありません

ここからは計画をたてて効率的に勉強していく必要があります。一回自分がどこの大学を受けて、どのくらい過去問を解かなければならないのか書き出して、計画を立ててみて下さい。まだ、過去問を見たことないそこのアナタ!今すぐ志望校、併願校の過去問のチェック、スケジュール化をしてください!

明日のブログは齋藤先生です。お楽しみに~!!

2019年 11月 1日 【速報】英語民間試験の導入延期が決定

こんにちは!担任助手二年の菊地です!

皆さん!!!昨日11/1にビッグニュースがありましたね!!!もちろん「大学受験に関しての」ですよ!耳の早い方はもうご存知かと思います!!それでは早速今日のテーマ!

「【速報】英語民間試験の導入延期が決定」

驚きですね!以前から新入試改革での英語の民間試験導入は問題視されていましたが(民間試験の採点者がバイトであったり、会場が地方になると少なくなり教育の機会均等を守れていなかったり)、まさか国が一度決めたことを翻すなんて!と、ニュースを知った直後の僕は思いました。

この英語の民間試験導入に関しては、皆さんも聞いたことはあるであろう、筑波大学附属駒場高等学校の学生が抗議をしたことも話題になりました。そういった世論が国を動かした一つの大きな事例になったのではと考えます。

今回のこのニュースが影響するのは、高二生以下の皆さんですが、必ず、必ず自分で調べてみてくださいね。

ここでお伝えしたいのは、この変更により、少なからず大学側、大学受験にも変化があるということです。ある程度先のことまでHPに載せてある大学ですと、基本的に外部試験での評価をどう点数化するのかも書いてあります。しかし、今回の変更によりその記述がそのままではなくなってしまうのです。では、外部試験での点数評価はどうなるのか?答えは「大学によるので分からない」です。

今回の変更を受けて大学がどう動くかは全くの未知数ですので、こまめに大学のHPをチェックすることが大事になってきます。

そして、まだ未確定な情報でありぜひチェックし続けて欲しいことが、「導入は中止ではなく延期」になりました。そして、文部科学大臣曰く、「2024年度での新制度導入を目指す」とのことですので、今の中学一年生から導入される可能性が今のところ高いということです。しかし、文部科学省も今後一年間で検討していくとのことですので、来年あたりに再び発表があるかもしれません。要チェックですね。

話を戻しますと、今回の変更は練られた期間や、発表してからの期間を考えるとかなり急な話であり、不安に感じる人も多いと思います。しかしながらどんな形であろうとも、基本的なところは変わりません。皆さん、どんな事態にも対応できるように、今は基礎学力を積んでいきましょう!!!

本日のブログは以上!

明日のブログは坂巻先生です!

お楽しみに〜