11月 | 2019 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ 2019年11月の記事一覧

2019年 11月 30日 パーフェクトマスターになれましたか?

こんにちは!

 

担任助手の倉持です

中間テストが終わり、時間が出来たので、新しいワイヤレスイヤホンを買いにいってきました!

前もっていたものはなくしてしまったので、今度買ったやつはなくさないように大切にしたいですね(笑)

 

ところで、東進生のみなさん!

パーフェクトマスターにはなれたでしょうか?

 

パーフェクトマスターとは

全ての講座の確認テスト、修了判定テストをSSにした状態のことです。

 

今月は「パーフェクトマスターを達成しよう」が目標でしたが、どれくらいの人が達成できたでしょうか?

 

東進に入学する際に、確認テストや修了判定テストをSSにできるまで頑張る意味というのはみなさん聞いていると思います。

 

せっかく受講を通して身につけた知識を定着させずにそのままにしているのはもったいないですよね!

 

それに、受験を将来に控えているみなさんにとっては、習ったばかりの狭い範囲の確認をするだけの確認テスト、修了判定テストは毎回完璧にしていないとダメなものであるはずです。

今月達成できなかった人も、計画をたてて必ず全部SSにできるようにしましょう!

 

急に寒くなってきて体調管理が難しくなってきているとは思いますが、受験生のみなさんはこれからが追い込みの時期です。

体調に気を付けて、受験まであと少し全力で頑張ってください!!

 

明日のブログは

村井先生です!!!!!

お楽しみに!

 

 

2019年 11月 29日 新グループミーティングについて

こんにちは!本日ブログ担当の駿里です。

つい先週に部活でバタフライの記録会を行ったのですが、人生で200mバタフライを泳ぎました!

泳いでいる途中は「まだ終わらないのか」と絶望しながら泳いでいましたが、終わってみると絶望の中でやりきれたため、とても達成感がありました!

結果としてはまだまだですが、来年の夏に向けて体力とタイムをこつこつと上げていきます!

※バタフライはstyle1(一番得意な種目)ではないので、大会ではバタフライは泳がないです。

中学生・高校生で大学受験をするつもりとなると、やはり学力が必要になってくるので、目標に向かってやるべきことをやっていきもしょう!!

 

 

さて、今日のテーマは「新グループミーティングについて」です。

11月末となり今までのグループが解散になってしまいましたね、、昨日武田先生も言っていましたが、とても寂しいです。

しかし低学年にとっては、終わりあれば始まりもあるということで、

12月2日から新しいグループとしてグループミーティングがあります!

つくば校の皆さんは校舎ですでに新しいグループの曜日や時間を確認しましたか?まだの人は受付で確認して下さい!

さて、新しいグループとなり、初対面の人もいて緊張もあると思いますが、これから半年間は同じグループです。

これから頑張っていく仲間・ライバルとして、お互いに頑張っていきましょう!

 

そしてこのタイミングで、どうしてグループミーティング(GM)があるのかをもう一度確認しましょう。

まず、GMとは1週間に1度、毎週同じ時間に集まって、先週の勉強進捗を確認したり来週の予定を立てたりどうしたら様々な課題を解決できるのかを一緒に相談したりするものです。

グループは基本的に同じ学年や志望校、夢・志が似ているメンバーで編成されています。

つまり、お互いに理解できるところが多々あります。一方で逆に自分と他のメンバーと違うところもあるでしょう。それらの「違った点」というのは「自分にはなかった見方」です。

すなわちGMは同じような夢・志でも様々な考えに触れる場でもあります。

合格設計図を守ることや、マスター目標を達成することも、とっても大切なことですがGMの時間も同じくらい大切なことです。

いろいろな考えに触れ、自分の考えをより豊かにしていってください。夢・志がない人の中にはそれが夢・志につながる場合もありますよ!

今日のブログは以上です。

2019年 11月 28日 受験期メンタルの保ち方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!本日のブログ担当武田佳奈子です!

今日のブログのテーマは受験期のメンタルの保ち方!です!


受験生のみなさんは、11月も終わりGMも終わりを迎えました。

担任助手の自分が言うのもなんですが、結構思い出深く寂しいなと思う方も多いんではないでしょうか。

実際私はすごく寂しいです!!本当に本当に楽しい時間でした、、!


さてさて、そんな中で11月でGMが終わる意味、みなさんはどう捉えていますか。

私は受験生の皆さんが残り一ヶ月ちょっと一分一秒無駄にしないために、という意味合いが強いと思います。

改めて、緊張感が高まってきましたね笑


そんなみなさんに求められてくるのは、勉強とメンタルの持ち方かなと思います。

私からは今回メンタルの持ち方について、前置きが長くなりましたが話していきたいと思います!

 

受験期のメンタル、不安型楽観視型に大きく分けて考えていきます。

 

まず不安型の人。いやもうね、今日の予定をとにかくやり切ることが大切だと思います!今日出来ることを全力でやる、これを繰り返すことで、「今日も頑張った」という感触を毎日感じることで、メンタルを保てるのではないでしょうか。

でも私のことだけ参考にしてもなので、今回はインタビューたーーーいむ!を入れていきたいと思います。

まず菊地さん!「メンタルが崩れて、負のスパイダルに陥ってしまうくらいなら、自分は受かる。結局本番取った奴が勝ち。今やれば、本番取れるに違いない。そう前向きに楽観的になりましょう!」

菅くん!「東進で自分の勉強を効率よく終わらせて、家帰った後に、自分の好きなことやる時間を作ることが大切だと思います。」

 

もう、やるしかないんです!とにかくここまで来たら強気に考えて、ライバルを勢いで勝ちましょう!!!

 

次、楽観視型の人!センター近いこともわかってる、けどいまいち焦れない、という人もいるのではないでしょうか。

これは、拓先生に聞きましょうか!「勉強の合間に、友達とラーメン食べに行ったりしてましたね。試験当日も終わった後に何のラーメンを食べようかとか考えて、自分へのご褒美を考えてモチベを上げていました」

だそうです!楽観視してしまう人は楽しいことでモチベを上げるのが良いのかもしれませんね。人生を左右する受験、楽しんでばかりはいられませんが、ご褒美方式で乗り切っていきましょう!

今回インタビューした結果としては、もうここまできたら強気にいって乗り切る!ですかね!

みなさんにもう悩んでいる時間はありません。

受験本番まで、不安感じないくらいに、がむしゃらに勉強して合格掴み取りましょう!

明日の担当はしゅんり先生!絶対いいお話聞けますよ~!


2019年 11月 27日 学部・学科ってどう決める?

こんにちは!担任助手二年の菊地です!

もう完全に冬ですね、静岡生まれ静岡育ちの僕としてはつくばの冬は寒過ぎます。全くもってやってられなです。ちなみに静岡は年中温暖ですが、つくばは夏は静岡より暑く、冬はつくばより寒いという気候なので、非常に静岡に帰りたくなってしまいます。

 

さてさて、今日のテーマは「学部・学科ってどう決める?」です。

みなさん!どう決めてますか?!

大学選びが先行してしまう人も多いのではないでしょうか。

実際、僕自身は筑波大学に来たかった人なので、学類は最後まで物理にしようか化学にしようか迷っていました。

しかし、そうして学部・学科を選ぶことは悪手でしかありません。思ったのと違う学問を四年間お金を払ってもらって学び続けるという苦行が始まってしまうのです。

 

大学や、入りやすさはもちろん気になりますが、それだけでないことも頭に入れて慎重に選びましょう。

慎重に選ぶことは分かったと思います。では、どう選ぶか。やっと今日のテーマに入りますが、その時には必ず自分の将来に目を向けなくてはなりません。

既にできている人に関しては読む必要は皆無ですが、まだ将来について何も考えていない人、勉強の息抜きでいいので必ず考えましょう。ガチガチに細かくでなくていいです。

 

その学部・学科を出た人がどんな職種についてるか、までみればある程度興味のあるないが出てくると思います。それで構いません。必ずそこを確認することが大事なのです。

まだ将来の目標が見つかっていない人は必ず行なってください!

それでは!皆さんの今やっている受験勉強の結果が、自分の将来の悔いにならないよう心から願っています!

本日のブログは以上!

明日のブログは武田先生です!

お楽しみに〜

2019年 11月 26日 勉強のやる気の出し方ver金内

こんにちは!
本日のブログ担当金内です!

今日のテーマは「勉強のやる気の出し方ver金内」ということで
僕が高校生だった頃に使っていたやる気を出す方法について話したいと思います!

高校生だったときはたまに無性に勉強のやる気が出なくなってしまうことがありました。
そういう時に僕がやる気を出していた方法を今日は少し書いていこうと思います。

1、      友達に「○○を○○までにする」と宣言する
これは実際にめちゃめちゃ使っていた方法で頭の中で自分で目標を決めるだけでは達成してもしてなくても個人で完結してしまうので拘束力が小さいですが、それを誰かに宣言することでやらなきゃという気持ちが大きくなりました!


2、      受験勉強の合格設計図を自分で立てる
東進で立てる合格設計図は受講の予定を立てるものですが僕はその他全ての要素を含んだ合格するための設計図を立てていました。
自分でそのような設計図などを立てるとやらなきゃいけない事が明確化されて割とやる気が出ていました。


3、      行きたい大学での生活を想像する
志望校がはっきり決まっている人はその大学に行って何をしたいのかを考えるのもいいと思います。
自分のしたい勉強を好きなだけやるのか
それともサークル活動に打ち込むのか
自分の趣味を存分に楽しむのか
それを実行するためにも今は目の前の勉強をやらなきゃいけないと思ってやる気を出してました。

以上僕がやる気が出ない時やる気を出すために使っていた方法を紹介してきましたが結局は、

やる気が出る→勉強する  ではなくて
勉強する→やる気が出る  というのが正しい順序なのかなと思います。
僕は低学年だったころは勉強するのが長い時間とても苦手でしたが

受験生の時は長時間勉強してもあまり辛いと感じたことはなかったです。


人間は順応していく生き物なのでやっぱりたまにしか勉強していないとやる気が出にくいです。逆に毎日ある程度勉強をしていて習慣化して行くと全然辛さを感じなくなってきます。
なので今回紹介した方法はほんとにやる気がなくて勉強をするきっかけを作るという時にもし良かったら使ってみてください!
以上今日のブログ担当金内でした!

明日のブログ担当は菊地先生です、お楽しみに!