2月 | 2018 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ 2018年02月の記事一覧

2018年 2月 28日 今井先生の公開授業のお知らせ!

こんにちは!担任助手2年の染谷です。

今日は2/28ですね。

とうとう2月が終わってしまいます。

月日が経つのはあっという間です!1日1日を大切に過ごしましょう!

本日のテーマは、今井先生の公開授業についてです。

過去のブログでも紹介されているので、見て頂ければと思います。

今回は、私なりに今井先生の公開授業を紹介します!

【そもそも公開授業とは?】

公開授業とは、東進の有名な講師が生授業をしてくれるイベントです!

いつもは映像授業でしかみられない講師の授業を目の前で見ることができる・・・

こんなチャンスはめったにありません!

映像で見ても引き込まれる授業を、生で見れるとなるとクオリティのすごさに驚くと思いますよ!

今回は、生徒からも大人気な今井宏先生が来てくれます。

英語の勉強法を知るきっかけ、英語を楽しむチャンスです!

英語が好きな方も苦手な方もぜひつくば校にご来校ください!(会場は、つくば国際会議場です。)

スタッフ一同皆さんをお待ちしています!

また、現在つくば校では今井先生の公開授業への友人紹介を絶賛募集中です。

実は担任助手が特別チケットを持っています。

もし、一緒に今井先生の授業を受けたい友達がいたら、受付にいる担任助手へ声をかけてください♪

またこのブログを読んで興味を持っていただけ方は、0120-403-104へお電話orつくば校へご来校ください!

インターネットからもお申込みいただけます!

以上、染谷でした。

明日は渡辺先生が、東進のおすすめポイントを紹介してくれます!お楽しみに!!

2018年 2月 27日 眠気を覚ます方法紹介!

こんにちは、麻生です。

2月25日は国公立二次試験がありましたね。高校3年生の皆さん、お疲れ様です。

かくいう私も実は、日商簿記検定2級の試験を受けていました!

試験後はやはり自分ができなかったところを悔やんでしまいますよね。それは大学受験を終えた私でも同じだし、人間なら絶対に失敗を後悔するものです。

だから二次試験を終えて不安に駆られている人も多いと思います。ですが、もう試験は終わったこと。

自分が次に何をするべきか、それを考えることが重要です。良く考えて迅速に行動に移しましょう!

さて、今回のテーマは「眠気を覚ます方法」ということで、いくつか東進のスタッフ間で持ち寄ったネタをお伝えしたいと思います!


①コーヒー、紅茶、ガム、アメなど

カフェイン、ブドウ糖が眠気改善に良い。エナジードリンク「モンスター」を使う人も。

②目薬

刺激の強めのほうが効果的。目の疲労も取れるので一石二鳥かも。

③指の1本1本をもう片方の指でつまむ

今井先生直伝!それでもだめなら体に痛みを与える。

④音楽を聴く

テンションがあがるような曲調が効果的。私は音楽を聞きながらだと勉強できないタイプなので良くわかりません。

⑤散歩する、音読する、踊る、友達と話す、ストレッチ

体を動かすと脳が活性化しますよね。東進の音読室をぜひ活用してください!

⑥姿勢を良くする

姿勢が悪いと脳が活性化しません。ちなみに、人間は自分の手元に目線を集中させやすいようになっているようです。勉強中に手を問題に添えておくと解きやすくなるかもしれませんよ。

⑦眠くなったら寝る!

これも大切なことです。20分以上寝てしまうと深い眠りにはいってしまうようなので15分くらいがベストでしょう。

(特別枠)力を入れる

楢戸先生のやり方。詳しいことは分からないですが、頼めば実践してみせてくれるそうです。聞いてみましょう(笑)

 

いかがでしょうか、自分のやり方があるかもしれませんが、試しに取り入れてみてもいいのでは?

ただし理想は早寝早起きをして眠気を起こさないことです!受験が近付いて後悔することがないよう、しっかり自己管理できるようにしていきましょう!

最後に校舎からの連絡です


 

明日のブログは染谷先生です。お楽しみに!

2018年 2月 24日 明日は国公立前期!つくば校からの激励メッセージ

皆さんこんにちは。

つくば校担任助手4年の渡辺です。

明日2月25日(日)は日本全国で一斉に国公立大学の前期入試が行われる日ですね。

国公立を受験される方々は、いよいよといった心持でしょうか。

これは自分の話になりますが、国公立大学を受験したのは今から4年前の話になります。

同じ筑波大学の学類を受験する高校の友達と、一緒に前日からつくばのホテルに泊まり、出願も2人同時に郵送したため当日の座席も前後に座ることができました。そのためか試験会場に向かうバスの中でも、会場に着いてからも、終始ほとんど緊張を感じず、リラックスして実力が発揮できたと記憶しています。

つい気持ちが高ぶってしまい、思わぬミスが引き起こされがちな第一志望校の受験において、そのような状態で臨むことができた自分は恵まれていたのかもしれません。

 

しかし、試験開始まであと数十秒に差し掛かり、「あの時もっとできたかもしれない」「なんでもっと早く始めなかったのだろうか」という考えがふと頭をよぎった途端に、後悔に近い猛烈な自責の念に苛まれた恐怖は今でも忘れません。結果的に合格できたので今の自分がありますが、当時を振り返って思うことは、自分のことは責めずに信じてあげるべきです。努力を積み重ねてきた人ほど「あの時こうしていれば~」と考えるもの。

「もともと大学入試は100%完璧に終わったなんて言う人はいない。

中途半端なりにも『これ以上頑張れない』という一日一日を繰り返した者だけが合格を手にするんだ」
(東進英語科・渡辺勝彦先生)

これは東進の英語の先生で、何度もつくば校に来て下さっている渡辺勝彦先生の言葉です。

このような意味では、試験前に抱える不安は全て杞憂に終わる可能性が高いと考えて、掻き捨ててしまった方がいいでしょう。

 

そして皆さんもこれまでに並々ならぬ努力をしてきています。

本当につくば校の皆さんは圧倒的な努力を積み重ねてきました。

そのことは自信に思って、明日は全てをぶつけてきてください!

あとは体調にも万全の備えを施して臨んでくださいね。

つくば校で皆さんの報告をお待ちしています!

頑張れつくば校生!!!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは倉持先生が書いてくれます!

お楽しみに♪

2018年 2月 23日 登校時間を意識しよう!

こんにちは、坂本です!

寒い日が続いていますが、休日も早起きできていますか?

なぜか?と聞かれれば、それは勉強するためでしょう!

今日のテーマは勉強時間をとにかく増やすことについてです。

東進生の皆さんは部活が無ければ、土曜は10時、日曜は8時30分に登校できますね。

平日も何時に登校するか、あらかじめ決めておくこと。

受験直前になったら時間はいくらあっても足りないくらいです。

皆さんも定期テスト前に時間足りないな、あと1日あればな、と感じたことはありませんか?

あるでしょう。

まあ、定期テストなら失敗しても次回頑張れば取り戻せます。

ですが、受験はどうでしょう。

センター試験、私立入試、国立入試。

どれも一発勝負です。

次頑張りたいなら、1年浪人しなければいけません。

別に、受験は落ちるのが当たり前ではないです。

正しい努力をした人には、きちんと結果はついてきます。

皆さんの第一志望校に受かりたい気持ちは今、どれくらいでしょう。

1年後、滑り止めしか受からなかった自分に満足できますか。

想像しみて下さい。

4年間通う大学は第一志望校の方がよくないですか?

第一志望校合格へのチャンスはこの2月3月にあると言っても大げさではないです。

東進生はもちろん、このブログを読んでくれた皆さんの危機感を少しでも上げられれば幸いです。

以上、本日のブログでした。

明日のブログは渡辺先生です!

お楽しみに。

2018年 2月 22日 新年度招待講習受付中

こんにちは、お久しぶりです鮫島です!

なんと今日は雪が降っています☃

ここ最近は暖かい日が続いて春ももうすぐかなーなんて思ったりもしましたが

まだまだ冬みたいな寒さは続きそうですね…

国公立入試はついに3日後。

体調を崩さないように気を付けてくださいね!

 

さて今日は新年度特別招待講習ということで書いていきたいと思います。

この招待講習は東進の授業と高速基礎マスター講座を無料で体験できるという

どうやって受験勉強を始めたらいいかか悩んでいる人にはぴったりのイベントではないでしょうか。

実は私も招待講習で東進生(ただ単に授業だけマスターだけというのではなく東進に通っている生徒と全く同じ条件環境で頑張る事)を体験して、ここでなら頑張っていけそうという自信がついたので入学した一人です。

自分の人生を大きく左右すると言っても過言ではない大学受験

その大学受験へむけて努力する受験勉強

言うまでもなく、第一志望合格に向けて惜しみなく努力する、努力できる環境が重要であると思います。

東進にはその環境が整っています。今日はなかでも私が東進を選んだポイントを3つほど紹介したいと思います!

①質の高い授業

正直私は学校の授業は全く分かりませんでしたが、初めて東進の授業をうけて自分でもわかるという感覚を得る事が出来ました。

人間なので、わからないばっかりでは当然モチベーションは上がりません。自分に合った講師とレベル別の授業が多数ある東進ならきっと自分にピッタリな講座が見つかるはず!

②高速基礎マスター講座

私はみなさんが想像できないくらい英語が苦手でした…。

東進に来るまでセンター模試なんて真面目に受けたことがありませんでした。なぜなら、単語がわからな過ぎて英文が暗号にしか見えなかったからです。

それを大きく変えてくれたのがこの講座です。招待講習の間に講座をクリアしようとスタッフの方と約束してコツコツ努力をしクリアした途端、いままで暗号にしか見えなかった英文が読めるようになったんです。そこで当たり前な2つのことに気づきました。1つは単語はすべてのベース。早めに完成させておかなければいけないということもう1つは自分でもやればできるんだということです。

③一緒に頑張る仲間・スタッフの存在

①②だけでも十分惹きつけられたのですが、やはり受験勉強の中で大きかったのは仲間やスタッフの存在でした。招待講習の期間から周りで頑張る友達をみて自分も頑張らないとという気持ちになりました。スタッフの方は学習の進捗から小さな悩みまで幅広くきいてくださりました。私でもここなら頑張っていけるかも頑張ってみたいなと思いました。

 

予備校を選ぶポイントはひとそれぞれなのかなとも思いますが、共通して言えることは悩んでいる時間があるならまず足を運ぶということです。

時間の差はとても大きいです。もうすでに始めている子もいます。

私は合格最低点筑波大学に合格しました。もしもう少し動き出すのが遅かったら私はここにいないかもしれません。

そんな後悔をしないよう、まずはやってみる!!

校舎でお待ちしています

最新記事一覧

過去の記事