私が東進で頑張ろうと決めたきっかけ | 東進ハイスクール つくば校 大学受験の予備校・塾|茨城県

ブログ

2022年 11月 29日 私が東進で頑張ろうと決めたきっかけ

こんにちは。担任助手の河野です。

私事ですが先日誕生日を迎え20歳になりました!(パチパチ)

誕生日当日は普通に大学に行っていたので特にいつもと変わりませんでしたが、成人式の前撮りをするなどしているうちに10代の称号を失った少し寂しい気持ちと、20代という今までよりも責任が伴う実感が湧いてきました。より一層気の引き締まる年になりそうです。一つ年を重ねるごとに成長できる人間でありたいものですね。

 

 

さて、今回のテーマは私が東進で頑張ろうと思ったきっかけです。

 単刀直入にいうと、姉の影響がとても大きいです。送迎の都合などを考えて、というところが大きかったですが、2つ上の姉が先につくば校に通っていたのでその後を追うようにして入りました。

 姉が東進で楽しく勉強していることを家でもちょくちょく聞いていたので、私も頑張れそうかなという気持ちで入りました。同じ中学校だった人は別の校舎に通う人が圧倒的に多かったので、その人たちがどれくらい頑張っているのか、というのを知る機会がなくなってしまったのは少し残念だったようにも思います。が、逆にあまり知り合いがおらず受験生がたくさんいるつくば校で刺激を受けながら頑張れたことは大きな収穫だったと感じます。

 私が高校生だった当初は、校舎で向上得点ランキング全国1位を取っていた時もありすごい校舎だな、と刺激を受けていました。もちろん、今でも向上得点マラソン1位は校舎のみんな全員で頑張れば夢ではありません!!いつだって上位に食い込めるチャンスはあるし、その時が来ると私は信じています。

 

 東進に入ったことで、基礎学力が身についたのは言うまでもないですが、毎日継続的に勉強する習慣がついたのが一番大きかったと思います。毎日19時まで部活をやって20時前に東進について勉強を始める、というのを毎日続けていました。もしこれが東進に通っていなかった場合、20時に家についてそこから何だかんだぐうたらと過ごして気づけば夜、という時間を無駄にしてしまう生活が容易に想像できます。そんな状況にならずに3年間続けられたのは大きな成果だったと感じています。

 また、チームミーティングで他の高校の子と一緒だったことで、普通に過ごしていれば交流のなかった高校の話を聞くことができたのでそれもいい刺激になりました。特に受験生の時のチームミーティングではお互いの模試の様子などを伺うことができたので、まだまだ頑張らなくては、という刺激になりました。今でもコミュニティスペースには最新の共通テスト模試の結果が張り出されていますので、確認してみてください!本日11月の全国統一高校生テストの結果を反映しましたので皆様要チェック!

 

ということで、私が東進で頑張ろうと思ったきっかけについてお話ししてきました。招待講習などを経ずに入学したのでなかなか突発的なパターンではありますが、結果的に東進で頑張れたことは自分の中で大きな糧になっています。今の頑張りが今だけで終わるものでなく、今後の自分の人生に大きく関わってくるものになるような努力をしていきましょう!

 

次回のブログは大岩先生です!お楽しみに!!