感謝の気持ち、大切です。 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 2月 22日 感謝の気持ち、大切です。

こんにちは!担任助手の石田です。

最近はやっとあったかくなってきてうれしいな~

と思っていたら花粉が飛んでいるようです。

くしゃみの回数が増えてきたので、気づいた生徒は気にかけてくださいね。

同士の人たちは、戦っていきましょう。よろしくお願いします。

 

さて、今日のブログですが、いまの受験生に向けて書きたいと思います。

あと3日で国立の前期試験ですね。

私立志望だった生徒や推薦で決まってしまった生徒は、もう終わっている人もいると思います。

大学受験、長いようで短かったのではないでしょうか?

長い間、東進に通っていた生徒もいれば、高3の8月に入学した生徒もいますね。

最近、受付で話していると、この長かった“準備”“結果”がでるのだと思うと、自分もとても緊張します。

もちろん、それを伝えないようにはしているつもりですよ。(笑)

大学受験が終わったら、必ず高校生活を振りかえってくださいね。

色んなことを感じて、心も変化していったのではないでしょうか?

 

自分が受験を通して、大学生になって、感じたことの一つを思い返してみると、

“感謝”という気持ちです。

自分の受験を支えてくれている親、親身になって面談してくれた学校、東進の先生、一緒に努力している友達。

数多くの人がひとりの受験を支え、その上で成り立っていることが分かります。

 

それでも、受験は無情にもとても厳しいものです。

上手くいく人の方が少ない、というのが現実です。

そんなとき、まずは受験を終えた自分を褒めてあげましょう。

人生でも数少ない、厳しい時期を乗り越えたと思います。

そして、反省もしましょう。

満足できた結果なのか、そうではないならなぜそうなったのか。

結果には必ずといっていいほどに原因があります。

自分の成長って、思い返すと失敗から得たものが一番大きいです。本当ですよ。

そして、周りに感謝しましょうね。

僕は当時、自分の親にそれを伝えることはできませんでした。

当たり前のように大学受験して、当たり前のように塾に行くものだと思ってたので。

一人暮らしして初めて分かりました。

どんな結果であれ、感謝の気持ちを伝えることは忘れずにいて下さい。

いつか、自分が逆の立場になる日が来ると思います。

 

といったことを、自分の受験を思い出して、感じました。

あと3日。

直前に学んだことは受験にそのまま持って行けます。

最後まであきらめない事、おごらない事、忘れずに行って来てください。

後期試験はその後でいいと思います。

受験生の皆さん、頑張って来てくださいね。

校舎からですが、応援しています。

 

今日のブログは以上!

過去の記事