インプットの大切さ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 6月 17日 インプットの大切さ

こんにちは。
本日のブログを担当させて頂く佐藤大河です。
 
この間家にてんとう虫が現れて1人で大騒ぎしてました。夏が心配ですね。
 
さて、今回のテーマは「インプットの大切さ」です。シンプルですね。
ただ、私はこのシンプルで聞き慣れた5文字の単語こそ、受験において一番大事な過程だと思っています。一見一番大事そうに見える過去問演習などもインプットが無ければ当然できませんし、やっても意味がありません。この時期にしっかりと定着させた基礎知識は受験が終わる最後の最後まであなたの良いお友達になってくれます。
しかし、正しいやり方でかつ効率良くインプットするにはどうしたらいいのかわからない人も多いと思います。私もその1人でした。
そこで登場するのが「受講」です! 私は今井先生のC組B組しか取っていませんでしたが、その効果は絶大でした。どの講座もちゃんと受ければこれ以上ない最高のインプットになります。理科や数学などの英語以外の教科は教科書や参考書でインプットしたので時間もかかりましたし、何よりしんどかったです。特に数学。(数理の受講を取っていなくて、インプットに悩んでいる人はいつでも相談に来てください!)
自分が受講を取っている理由と、お金を払ってくれてる両親への感謝の気持ちを忘れないでくださいね。
ここからは主に受験生向けになりますが、最近新しく受講を始めた人以外は、もうセンター過去問をやり始めなければいけない時期に差し掛かってます。皆さんが戦わなくてはいけないライバルの一部を占める浪人生はセンター過去問を何年分解いてると思いますか?そんな人達に負けないように、まだ受講が残っている人は出来るだけ早く終わらせて、過去問演習に入りましょう!
 
以上、佐藤大河なりの受講の意義について書かせていただきました。ありがとうございました。
 
明日は石田先生です。お楽しみに!