本当に行きたい道を見つけて下さい | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 3月 8日 本当に行きたい道を見つけて下さい

こんにちは!担任助手一年の菊地です!

現在めちゃくちゃ静岡とつくばを往復しており、数えてみたらこの春休み4往復することに気づいて、そこそこ疲れています。

今2/4往復まで終わったので、残りの移動も体調を崩さないようにします、

 

さて。まず。

皆さんは、志望校を決める時に、何を参考にしていますか?

 

大学のランク、雰囲気、通いやすさ、お金、等々たくさんの要素があると思います。

しかし、上記の例のみで志望校を決めた、時期は違えどいずれ大学生になる皆さん、忠告です。

上記の例のみで大学を志望するのはもちろん構いませんし、僕自身もそうだったのですが、そんな方達は大学に入ってから、めちゃくちゃ苦労します、、

 

もし上記の例以外、将来やりたい事があり、その為に大学、学部、学科まで選び抜き、大学がゴールではなく、自らの夢・志の通過点、踏み台である人、このブログは↓を読んだらそれ以下は読まなくて大丈夫です。

 

その夢・志を胸に秘め、受験勉強にあらん限りの力を注ぎ、頑張ってください。心より応援しています。

 

さぁ、本題に戻りましょう。

今日のテーマは「本当に行きたい道を見つけて下さい」です。

 

この道というのは、自分の将来、就職まで見据えた時の道筋のことです。

 

正直に言いましょう、僕は雰囲気が好きで「筑波大学」に入りたかったので、現在、「物理学類」にいてめちゃくちゃ苦労しています。

 

もちろん、実際に行ってみて雰囲気が好きで、静岡という遠方の地にいながら、筑波大学のことを色々調べ、筑波大の受験生の中でもトップクラスに筑波大学が好きな自信がありましたし、それは受験勉強への大きな原動力にもなりました。

ですので、大学を選ぶ時に、行ってみた雰囲気で決めるのも、決して悪いことではありません。

寧ろ、それがベストとまで思います。

 

しかし、そう決めた以上、自分の入る学科、学類にまで同じくらい好きになって、興味を持って受験勉強に臨んで欲しいのです。

 

なぜなら、僕が一年間物理学類にいて思ったことが、「周りすげぇ、、ついていけねぇ、、」だからです。

 

大学のランク、雰囲気で選んできた人達は、まず間違いなく、「この学科、学類で~~を学びたいから来た!」という大学で学びたいことが明確にあってきている人達とのギャップに面食らい、苦しむと思います。

 

僕が正にそのうちの一人です。それは、やはりどこか大学が一つのゴールと考えていたのが原因かもしれません。

 

本当に大学での学びが好きな人と、それ以外の理由でなんとなくで来てしまった人とでは、歴然とした差が生まれます。好きこそものの上手なれと言ったりもしますが、大学の勉強は好きじゃないとかなりしんどいです。

 

と、いう現実を、受験生の皆さんも、受験生だった僕も知らず、僕は物理について深めておかなかったことを今後悔しているので、皆さんが同じ轍を踏まない様、忠告という形で書いています。

 

そして、まだ決められていない皆さん、まだ全然間に合います!自分の志望校、学部学科対して、なんとなくから、具体的に何をするのか、何ができるのか、その中で自分は何に興味を持っているのか、そこまで深められると、大学に行っても充分に楽しむことができます。

 

皆さんが大学という場所に希望を持ち、頑張ってそこに入った先に待っているのがさらなる希望になる様、今のうちから大学に入った後、具体的に何をするのか、調べ、想像しておいてください!

 

皆さんの未来の大学生活が悔いのない充実したものになりますように!

 

本日のブログは以上!

 

明日のブログはです!

 

お楽しみに~!