単元ジャンル別演習~増すマスに向き合って~ | 東進ハイスクール つくば校 大学受験の予備校・塾|茨城県

ブログ

2022年 9月 20日 単元ジャンル別演習~増すマスに向き合って~

みなさんこんにちは!

本日のブログ担当は高木です。

 

毎度のごとく時候の挨拶から入りましょうか。

本格的に秋を感じる気候になってきたと感じています。

「更衣」という季語があるのですが(本当は初夏の季語)みんなの制服がこれから冬服に代わっていくのかと思うと、なんだかそわそわした気持ちになります。

どうしてでしょうね。おそらく受験が近づいていると感じるからでしょうか。

もうそろそろ10月になろうとするところ、どうか後悔だけはしない勉強を心がけてもらいたいと思います。

 

はい、本題に入りましょうか。

テーマは引き続き単元ジャンル別演習について。

開始できている人は、もうだいぶ使い方には慣れたのではないでしょうか。

使い方や心得については語りつくされているようなので、私からは単元ジャンル別演習についての感想と少しの教訓? をつらつらと書いていくことにします。

参考になる文章にはならないかもしれませんが、よろしくお願いします。

 

 

①単元ジャンル別演習が突き付けてきたこと

ちょうど9月中盤あたりから単元ジャンル別演習を始めることができました。

さあやるぞ!と思って東進POSに(そこそこうきうきして)ログインして、そのページを開いてみると……

「志望校を考え直しましょう」的なメッセージが赤字で書かれているではありませんか。

(それぐらいの努力が必要ということの警告メッセージだったそうです。みんなの代には無くなっているのかな)

そのメッセージを見た私は今までにないくらい唐突に不安を覚えまして、受付にいる担任助手へ相談しに行きました。

「先生、こんなことを単元ジャンル別演習が言ってきたんです。どうすればいいでしょう(T_T)」

「あー、それはね、気にしなくて大丈夫!!」

……とだけ言われました。今考えてみるとどうかと思いますが。

 

——このエピソードからお伝えしたいことは、脅し(だと思っていました)を受けるのにはそれ相応の理由があるということ。

また、その脅しを気にしているようではその脅しの通りになってしまうということです。

単元ジャンル別演習の中の人はAIです。

今までの成績を分析した結果を無機質に提示した結果が「相当な努力が必要」なら、きっとそれはほぼ正しいのでしょう。

今のその地点からどれだけ頑張れるかが、これからの勝負になるはずです。

めげずに続けること、単元ジャンル別演習はこれに限ります。

 

 

②単元ジャンル別演習は日めくりカレンダー

単元ジャンル別演習のホーム画面には正方形のマスがきれいに並んでいると思います。

そのマスを一日に一つ消していく、という目標をもって取り組んでいました。

ま、そんな簡単には消えないのですけれど。

あとは、しっかりと順番を意識して取り組んでいきました。

私は数学が苦手だったので、どうも青色のマスが嫌いでした。

青だから飛ばそう、と思ってしまいがちでしたが、それでは本来の意味が果たせません。

しっかりとカラフルに消していけるよう頑張りました。

 

ごちゃごちゃと書きましたが、ここで言いたいことは、日めくりカレンダーのような意識をもって取り組んでもらいたい、ということです。

日めくりカレンダーは一日に一枚剝がしていくでしょう。

また、いきなり二日後とかは引っこ抜かないでしょう。

ということです。

どういうことだよと思われるかもしれませんが、しっかりと目の前の問題(マスたち)に向かい合ってほしいということです。

 

 

 

つらつら~と書いてきました。

いつもに増してわかりにくいブログになってしまったかもですね。

とにかく、単元ジャンル別演習は無機質な分だけ、やったらやった分返ってきます。

やらなかったらやらなかった分も返ってきます。

これをどうか意識して取り組んでいってください。

 

今回はここまで。

次回のブログは井上先生です。

お楽しみに~

 

 

過去の記事