センター過去問復習の仕方【国語編】 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 6月 28日 センター過去問復習の仕方【国語編】

 

こんにちは!本日ブログ担当のです。

 

もうすぐ6月が終わってしまいますね。。。

 

時間が過ぎるのはとても早いですね。

 

「時は金なり」です。受講やマスターが溜まっている人は自分の生活を振り返って、本当に時間を有効活用できているか無駄にしている時間はないか見直してみましょう🤔

 

去年の今頃の自分を思い返してみると当時は色々あってつらい時もありましたが、その時の苦労があるから今の自分があると感じます。今しか出来ないことを全力で取り組みましょう!

 

 

そろそろ本題に入ります。今日のテーマは『センター過去問の復習の仕方【国語編】』です!!

 

もう既に過去問に手をつけ始めている人も多いかと思いますが、しっかり復習はできていますか?

「他の科目はしてるけど、国語はいまいち復習の仕方がわからない!」という人も少なくないと思います。

そこで、私が受験生の時にやっていた復習の方法を紹介します。参考にしてみてください。

 

【現代文】

一番何をしたら良いのかわからないところですね😅

まずは漢字や言葉の意味を確認しましょう。センターの漢字や文章中に出てくる言葉はあまり日常では使わないものが多いと思います。過去問や模試を解いて分からなかったものや初めて知ったものはその場で覚えるつもりで復習しましょう。回数を重ねていくことで、知識として蓄積されていくと思います。

文章題については、なぜ間違えたのか、解説を熟読し、該当箇所の文章をもう一度読み返します。センターの選択肢は文章をしっかり細部まで読んでいないと正解できないように作られているので、間違えた場合、自分の選んだ選択肢のどこが間違っているのか分析してみるとだんだんコツをつかむことが出来るようになると思います。

【古文】

なぜ間違えてしまったのか、自分で分析してみましょう。古文単語の知識不足だったのか、古文常識を知らなかったのか、古典文法が駄目だったのか、それによってこれからの勉強の仕方も変わってくると思います。

【漢文】

漢文も古文と同様にどのような間違え方をしてしまったのか分析しましょう。どうして出来なかったのかわからない人は、漢文の句法を覚えることから始めましょう。漢文は「何となく」読めてしまうものですが、基礎から徹底して勉強すれば、満点をとることが出来る問題だと思います。知識不足がある人は今からでも遅くはないので、基礎を固めていきましょう。

 

どうでしたか??

どうしたら良いのかわからない人はいつでも相談して下さい!!

 

明日のブログは村上先生です!!

 

お楽しみに〜( ´ ` )ノ