英語と仲良くする | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 6月 29日 英語と仲良くする

こんにちは、本日のブログ担当の村上です。

 

六月も終わりを迎え、2019年も後半戦に入ろうとしています。

急に気温が上がり暑くなったと思えば、梅雨に入り雨のせいで寒くなったりと非常に不安定な気候が続いていますが、ぜひ体調にはきをつけて勉強に励んでください。

 

では、今回のブログのテーマは「英語と仲良くする」です。

 

昨今の学習業界では英語が重要視されている、ということはみなさん存じているというより学生として肌で感じているのではないかと思います。

 

大学受験でも、センター試験と二次試験ともに英語が要求される学校がほとんどであり、大学生になっても英語により単位認定など、社会人になるためにも、またその後にも必要とされるものとなってきています。

 

そんな中で英語が苦手でない、むしろ得点源だ、と言えるような生徒は強い受験生です。

 

英語で得点を取るために、まず自分が英語を解く上で何ができていないのかを知る必要があります。

 

「全く読めませんでした」にも、単語がわからず意味を理解できなかったのか、それとも節と句の関係がわからなかったのか、SVOCMの特定ができなかったのか、等々、、により対処は変わってきます。

 

何度かミスに向き合うたびに、自分が理解しずらい分野がはっきりしていきますので、それにしっかりと対処しましょう。

 

また、英文はたくさん読みましょう。英語も本質的には言語ですので、やはり慣れが大きく理解に関与してきます。評論、小説、グラフ、日記など試験形態により文面は変わってきます。たくさん読んで英語を読む感覚を身につけましょう。

 

最後に、精神的な話になるのですが、英語に苦手意識を持たないことが重要です。

 

「誰かの意見が英語という言語を介して我々の前に現れている」、と考えると「試験科目として倒すべき敵」として硬くならず英語に接することができるのではないでしょうか?

 

冒頭にも書いたように英語はこれからもっと重要になっていきます。大学受験という乗り越えなければならない場を活かして英語と仲良くなりましょう!

 

イジョウ! 村上でした