夏休みの大切さ 荒川ver. | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2020年 7月 28日 夏休みの大切さ 荒川ver.

 

こんにちは!
本日担当の荒川です!


ブログを書くのは何ヶ月ぶりでしょうか、、とてもお久しぶりの登場となりました!^^



気付けば大学生活も折り返し地点を過ぎ、東進でも働き始めて3年と、時間の経過が早すぎて最近びっくりしてます。(笑)

 



ブログ書くの久々すぎて前置きで何を書こうか悩みます。

ふと思いついたので最近の東進ビジネス英語の話をしますね。

みなさんそもそも東進ビジネス英語ってご存知ですか??


簡単に言うと、東進ハイスクールの大学生・社会人対象版みたいなものです!(簡単に言いすぎましたかね?)

将来就職してから使うであろう『ビジネス英語』を、皆さんが使っている受講やマスターなどを用いて、同じように勉強しています!!

 


合格設計図をもとに、日々受講やマスターを進め、月に1回TOEICの受験があります。
さらに担当のアドバイザーと呼ばれる方もついており、今の皆さんの状況とすごく似ています!


ビジネス英語を通して最近私が感じたことは、


「隙間時間を見つけていかないと、いつまで経っても受講もマスターも進まない、、」


ということです!

現在私は3年生となり就職活動をしています。
また、大学の授業、東進でのアルバイト、サークル活動など、やることは盛り沢山です。



ここ最近はやることが多かったため、ビジネス英語の存在を忘れてしまったところ、アドバイザーの方から電話が来ました。

「最近受講もマスターも進んでないよね?どうしたの?」

と。(笑)


忙しくてビジネス英語の存在を忘れてしまっていましたが、そのときに気づきました。

隙間時間を使ってやっていかないといつまで経っても英語の勉強ができない!!!

 





この話は今日のテーマにも繋がっているのですが「夏休みの大切さ」ということで、私が伝えたいのは

隙間時間をとにかく大事にしよう!!!!

ということです。

 


みなさん夏休みといってもほとんど学校の人が多いのではないでしょうか。

例年通りであれば今頃受験の天王山と言われてる受験の山場です。

しかし、今年はそこまで時間が取れませんよね。

 



じゃあどこで差がつくのかといったら、ちょっとした隙間時間です。


時間が限られているからこそ少しの時間も無駄にして欲しくはありませんし、時間は自分で作るものです。



例えば登下校の時間、ご飯を食べる時間、学校の10分の休み時間、寝る前、歯を磨く5分間など、探せばいくらでも見つかります。



この小さな隙間時間を見つけて勉強していかないと、「あともう少し時間があれば、、、」と本番後悔することになってしまいます。


2年間東進で働いてきて、多くの生徒から本番直前になって「時間が足りなすぎる」という言葉を聞きます。

 



私も実際受験期に感じました。
勉強してもしてもやるべきことは大量にあり、受験勉強に終わりはありません。


だからこそより抜けがない状態にするために、普段から5分10分の隙間時間を大切にしてください。



「塵も積もれば山となる」です!!


そこを意識できた人とできなかった人では絶対に合否は変わってきます。



 
頑張りましょう!!!!