1月初めの過ごし方 | 東進ハイスクール つくば校 大学受験の予備校・塾|茨城県 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2021年 1月 2日 1月初めの過ごし方

こんにちは!

そしてあけましておめでとうございます!

 

本日担当する担任助手3年の荒川です!

 

2021年が始まったという事で、みなさん今年の目標は決まりましたか?

 

1年間の目標を立てずに漠然と生きてしまうことはとてももったいないです。

 

 

そして、目標を立てることもとても大切ですが、それ以上に大切なことは「アウトプット」することです

 

お正月に今年の抱負を考えても、その時だけで終わてしまったら何の意味もありません。

 

なので、目標設定や抱負はアウトプットするところまでやりましょう。

 

アウトレットのステップは以下の通りです。

 

①リラックスした状態で、今年かなえたい夢や目標を考えましょう。

 

②それをもっと具体的にしたり、小さく分割したりしましょう。出来たら数字や期限があると良いですね。

(例:4月の模試で英語8割取る為に、3月末までにマスターの単語、熟語、文法、基本例文を終わらせる!)

 

③人に喋ったり、紙に書きだしていつも見える場所に貼りましょう。

 

④かなった夢や目標は、どんどん丸を付けていきましょう。

 

 

 

実現したいことや達成したいことを「言葉に出す」とか「紙に書く」といったアウトプットすることは非常に重要です。

 

 

是非、時間をかけてやってみてください!!

 

 

さて、前置きが長くなってしまったので、本題に入ります!!

 

本日のテーマは「1月初めの過ごし方」です!!

 

みなさんは新年になり、勉強ははかどっているでしょうか?

 

1日から既に勉強始めているよ!という人もいれば、三が日だからまだいいかな…と勉強していない人、いろんな人がいると思います。

 

 

皆さんに伝えたいのは、「時間がある時こそ差がつく」ということです。

 

年末年始はもちろん色々なイベントもあり、忙しいタイミングではあると思います。

 

しかし、その時間も勉強している人がいることは忘れないでください。

 

1日から15時間勉強していた受験生もいました。

 

1日から校舎に登校して開館から閉館まで勉強していた生徒もいました。

 

 

その時間の使い方によって、大きな差が生まれます。

 

そして、その差の影響を受けるのは自分自身です。

 

 

「塵も積もれば山となる」と言われているように、日々の積み重ねが受験の合否を大きく左右します。

 

 

 

この年末年始の過ごし方をもう一度見直してみてください。

 

そして、少しでも後悔するのであれば、それを今すぐ行動に移しましょう!!

 

 

 

2021年も頑張りましょう!!