1日の重さ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 10月 7日 1日の重さ

 

こんにちは!担任助手一年の菊地です!

 

僕達大学生も夏休みが終わり、心機一転して頑張り始めています!

大学生になると、自由故に、自分の好きなことを好きなだけできるのが夏休み。そして好きなだけした後、お金が無いことに気づくことが夏休み明けということがわかりました!

これからはちゃんと落ち着いた生活を送ろうと思います。

受験期辛い分、大学生は楽しいです。今必死になって勉強することが、どれだけ大学生活を彩ることか…。

皆さん一日一日を大切に頑張って下さい!

 

さぁ!ということで今日のテーマは1日の重さ」です!

 

これは主に受験生の皆さんへ向けたものですが、受験生以外の皆さんも、これを読んで受験生のリアルを先に知って、今から勉強に対する意識を変えていくのも素晴らしいことなので、是非読んでみて下さい!

 

受験生の皆さんの中には実感している人もいるかもしれませんが、4月から今日まで、本当にあっという間でしたね。

もう受験生と呼ばれるようになって半年も過ぎてしまいました。

夏休みももう終わってしまいました。どうですか、現状に満足してますか?

満足できていない人の方が多いと思います。

そんな満足してないけどやらなきゃいけないのは分かっている状況で残りの時間も同じ様に過ごすつもりですか?

違いますよね、でしたら、今日からの一日一日を全力でやり切ったと思える毎日にしてみてください

 

何故なら、人の記憶は日に日に薄れていくものです。ならば、受験本番に近ければ近いほど、覚えたことは受験本番までより濃く残っています。

当然ですよね?しかし、僕もそうでしたが、そんな当然なことを言われるまで自覚せず、無為に時間を浪費してしまいがちなのです。

そして、不思議なことに、受験が近づけば近づく程、時間は早く過ぎていってしまうのです。

 

ちょうど東進生の皆さんは受講をしようとすると、センター試験本番まであと何日何時間何分何秒か、こと細かくわかりますよね?これはちょうどいい目安になります。

最初は200日以上あったのに、今はもう日しかありませんよね。これまで十分にあっという間だったと思いますが、それが100日を切ると、今までの比にならない程早く過ぎていきます。ですから、早め早めに意識を変えることが大事です。

もう、受験はすぐそこにまで来ていて、弱点の対策をするには、もうこれが最後のタイミングであることを自覚して下さい。

 

本日のブログは以上!