部活動で得られる力 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 7月 4日 部活動で得られる力

こんにちは!

担任助手4年の大石です!

現在ロシアでサッカーワールドカップが行われていますね!

私はサッカー観るの好きなんですが、ワールドカップは時差の関係でなかなか見られないことが多いのですが、日本代表戦は欠かさず観ていました!(一昨日はスーパー早起きをしました笑)

受験生はワールドカップ観る時間ないと思いますが、ニュースでハイライトくらいは見た人も多いのではないでしょうか?

負けてしまって残念でしたが、おとといの試合はすごかったですね…!

勇気をもらいました!

やはりスポーツの力はすごいなと思いました!!

さて、そんな今日のテーマは部活動で得られる力です!

この時期は、入部して3か月経ち練習が本格化してきた1年生

尊敬する先輩たちが引退していよいよ自分たちの代になった2年生

同級生がどんどん引退していく中で最後の大会に向けて頑張っている3年生

さまざまかなと思います。

部活は大変なことも多いと思いますが、頑張ることでどんな力が得られるか、

バスケ部のキャプテンをしていた私の実体験も含めてお話ししたいと思います!

①体力

これは純粋にですね。笑

部活を現役でやっていた頃はどうしても勉強中眠くなってしまったりもしていました…

(何とか耐えたり、時間で起こしてもらったり、そこへの対処法はまたの機会で…)

が、しかし、逆に引退後は一切眠くなくなりました。

部活にも使っていた体力を、引退後は勉強にフル活用できるようになりました!

 

②目標に向けてやりきる力

だいたいの部活は大会やコンクールなどに向けて練習を積むことが多いかと思います。

このプロセスを他のことに対しても行うことができると強みになります。

目標達成するうえで必要なことは何かいつまでに何をすべきなのか、を考えることができ、

それが大変なことだったとしても、しっかり実行までできることはとても大切な力です。

 

③時間を有効活用する力

部活では限られた練習時間で何ができるか、どこまで質を高められるかを求めると思います。

これも他のことに活用できればとても強いです。

受験勉強に限った話ではないですが、どんな時でも時間は有限で、やりたいことがあっても時間が足りない!となります。

そんな中でいかに時間を効率よく活用できる力、やるべきことを取捨選択できる力は、この先、生きていく上で必要な力になってきます。

 

今日はこの3点を紹介しましたが、それ以外にも様々な力が得られます。

個人でおこなうものか、チームで行うものかによっても変わってきますしね。

ただ、どんなことにおいても大切なことは、「自分の置かれた環境で何ができるかを考え続ける」ことです。

こんな力が得られます!と言っていても、本当にその力を得られるかは自分次第です。

頑張っていきましょうね!

本日のブログは以上です、明日のブログもお楽しみに☆