試験の時に注意すること | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 10月 25日 試験の時に注意すること

 

 
 

みなさんこんにちは!本日のブログ担当の石田です。

 

ひさびさのブログになりますね。

 

最近、大学では「社会調査実習」というものを行っており、筑波大生の生活実態、交通実態について調査を行っています。

 

大学構内にカスミができたことなど、学生にとっては生活習慣を大幅に変えるような改善がなされており、便利だなあとしみじみ感じています。

 

しかし、キャッシュレスなのでクレジットカードかプリペイドカードしかつかえないのは、持っていない自分からするとちょっと不便に感じてしまいます。

 

さて、今日のテーマは「試験の時に注意すること」です。

 

実際の模試や試験の時、誰しもが何かしらの失敗をしたことがあるのではないでしょうか?

 

実は自分も何回か大きな失敗をしてしまったことがあります。

 

〈持ち物について〉

 

私は、東進のセンター試験本番レベル模試の際に時計を持参することを忘れてしまったことがあります。

 

これが大きな痛手となり、国語、数学の時に大慌て。

 

結局得点の伸びは見られませんでした…

 

必需品である持ち物をあげると…

 

①筆記用具

②時計

③受験票

④脱ぎ着できる上着

 

です!

 

特に④の上着は大切で、暑いか寒いかわからない会場で大いに役立つものです。

 

ちなみに、私は本番のセンター試験を筑波大学で受けたのですが、ストーブ近くでめちゃくちゃ暑かったです。

 

こういうこともあるので気を付けてくださいね。

 

〈その他の注意事項〉

 

とにかくマークミス

 

これだけは命取りになります。

 

とにかく丁寧に、ひとつづつマークしていくことを忘れないこと。

 

要所要所で番号を確認すること。

 

とにかくこれは日常的な意識から防げるミスですので、直前期はマークシートをつかった演習もしましょう。

 

今日のブログテーマに関しては「模試」の時から意識していないと「本番」でやりかねないミスです。

 

模試をおろそかにしてはいけません。

 

私の剣道の師が言っていた、「練習でできないことは本番ではできない」という言葉は本当です。

 

常日頃から本番を意識して勉強に取り組むことを意識して、残りの数ヶ月間、悔いのないよう努力しましょう!

 

今日のブログは以上!