私大入試に向けてメッセージ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2021年 2月 3日 私大入試に向けてメッセージ

 

こんにちは!本日ブログ担当の黒田です!

最近は暖かい日が多くなってきて嬉しいですね。寒さより暑さの方が個人的には辛いのですが、寒すぎるのも結構厳しいところがあるので、春が来るのが待ち遠しいです。

あと、最近ある生徒さんから自己紹介的なものをもう少しブログに書いてほしいという要望を頂いたので、少しだけ書かせてもらいます。

私は竹園高校出身で、高校時代は吹奏楽部に所属していたのですが(楽器はトロンボーンでした)、実は中学校の頃はバスケ部に所属していて、中高で全くもって異色な部活を経験しました。

あとは、小学生の時からアコースティックギターを習っていました。こんな感じで色々なことに手を出してるのですが、頑張ればどれもそれなりに技術が身に付くので、恐れず色々チャレンジしてみることはとても大切だと思います!笑

趣味は絵を描いたり、漫画やアニメ、YouTubeなどを見ることで、めちゃめちゃインドア派です。常に自粛モードですね…

何かオススメの作品などあれば是非教えてください!!

 

前置きがすごく長くなってしまいました。今日のテーマは「私大入試に向けてメッセージ」です!

私自身、私立志望だったので、私の経験談から少しでも皆さんのためになりそうなことを書いていこうと思います。

 

まず、私立は国立と違って何校でも受けられるからこそ、予想以上に疲労が溜まります。受ける数が人によって違うので一概には言えませんが、結構体力勝負な面があるので、不安や心配はあるかもしれませんが、睡眠時間を削ってまで無理はしないで、よく寝て疲れを取ってください!

 

次に試験当日のことですが、科目間でのメンタルの切り替えがすごくすごく重要です。私は第一志望校の入試で、1科目目の英語が予想以上に難しく、緊張していたこともあって全く手ごたえがありませんでした。

休憩時間にすごく落ち込んでしまいましたが、これはすごくもったいなかったなと感じています。まだ受けていない教科が残っているのに一人で勝手に落ち込んで絶望モードになるのは本当に一つも得がないです。

 

もし予想以上に難しくてあまり手応えが感じられなかったら、次の科目で満点近く取れば良いんだ!ぐらいの強気でなんとか気持ちを立て直しましょう!無理矢理にでも気持ちを切り替えて、まだまだ大丈夫と自分に言い聞かせて、次の科目に向かっていきましょう!!

 

そして、私立受験においては、ほとんどの人が併願校として受ける大学が何校かあると思います。

そこで大切にしてほしいのが、併願校だからといって油断せず、いつでも本命の試験を受けるような緊張感で試験に臨むということです。

どうしても本命の大学でないと、気持ちが乗らなかったり、どこかで本命の試験が気がかりになっていて、目の前の試験に集中できないという感覚があるかもしれません。

でも、併願校の試験にも本気で臨んで、きちんと合格を勝ち取るのはとても意味があることだと思います。どの大学でも受かるという経験をすることはとても大切だし、その経験があると本命を受ける上での安心感が違います。

 

本番特有の緊張感はやはり慣れが大事な部分も多くあります。常に第一志望校の試験並みの緊張感、心持ちで試験に臨むと、本当に第一志望校の入試が来た時にその経験がすごく生かされます。

どの併願校も全部自分のためになるので、一つ一つ大切に受けて来てください!

 

ということで、私立志望だったなりに、皆さんに少しでもためになりそうなことを色々書いてみました。

最後は自分を信じて試験に臨むことがなにより大切なので、自信を持って頑張ってきてください!応援しています!!

 

明日のブログ更新は齋藤先生です!お楽しみに!!