私の国立入試体験談 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 2月 18日 私の国立入試体験談

みなさんこんにちは!
本日のブログ担当の立川です。

いよいよ今週末は国公立の前期試験が行われます。ということで今日は私の筑波大学前期試験はどんな感じだったかをお話ししたいと思います!

私は静岡からつくばに受けに行ったので、泊まりがけで受験する人はぜひ参考にして下さい!!


〜前々日〜
いつもは閉館まで東進で勉強してましたが、翌日が移動日なので早めに帰宅
夕飯を食べて早めに寝ました!


〜前日〜
余裕をもって午前中にはつくばへ向けて出発。

 ”父と受験に行くと合格する”という願掛けがあったので、神にすがって私も父と車で行きました。

移動中はひたすら古典と英語の単語を確認してました。

お昼頃筑波大学到着!
下見をしてすぐホテルに戻りました。

ホテルでは現代文の解法をおさらい。最終確認のつもりでやってました。

夕飯は親子丼!無性に米が食べたくなったので。(笑)

本当はカツ丼が良かったのですが、何軒も回ったのに売り切れてしまってました。。。

 

ホテルで一人になると急に不安に押しつぶされそうになりましたが、そんな時に支えになったのが友達や家族、先生からもらったメッセージやメール、LINEです。

これでたくさんのパワーをもらいました。

 〜当日〜

 お米が好きなので、当日も朝ご飯にお米をたくさん食べました。
朝ごはんがその日の受験を乗り切るエネルギーになるので朝ごはんはかなり大事だと思います!
 
会場には開場時間と同時くらいに着きました
外で待つのも寒いので、このくらいの時間で良かったと思います。
 
開場に入ると頭のよさそうな人達がたくさん!!!
あと、大学の講義室ってこんなに大きいんだ!!とビックリしました。
 
1科目目が終わると頭が本当に疲れました。
 
2科目目までのお昼休みは頭をスッキリさせることだけを考えてました。
 
2科目目は最後の力を振り絞ってやり切りました。
 
お父さんと駐車場で会ったときは安心感がやばかったです。
 
帰りは私の大好きな守谷のSAでカツカレーを食べて帰りました。
 
 
私の受験が無事に終わったのは、しっかり事前に道を調べたり、余裕をもって動いていたからです。
特に地方受験をする人は、何があってもおかしくないので、事前の準備を念入りにやりましょう!!