毎日やるべきこと三ケ条!! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 7月 30日 毎日やるべきこと三ケ条!!

みなさんこんにちは!担任助手2年の瀧口です!

 

私は筑波大学でいう春C期間(7月6日~8月9日まで)に授業がなく、すでに夏休みというわけで、朝皆さんのことをつくば校で待っている機会が多いのですが、、、

 

つくば校に来ればクーラーがついていてすずしいですよね!でもその中に何時間もいるとさすがに足元が冷えてお腹が痛くなってしまうこともしばしば、、、

 

みなさんも外から来た際に汗をかいているときがおると思うので、その汗で身体を冷やさないように気を付けてください!!

 

ちなみに瀧口は受験時代、ひざ掛け2枚(当時のつくば校は椅子が固かったのでたまにミニドーナツクッション)持ちして、ひざと肩にかけて完全装備をしていました(^o^)!(笑)

 

夏でもひざ掛け??と思うかもしれませんが、1枚あるだけで全然違います!!是非試してみてください!

 

さて、ここでつくば校の質問箱に質問が来ました!!

 

>>先生方の模試直しノートを見たいです。写真付きで、作り方を教えてほしいです。

 

模試の直しノート!めちゃめちゃ大事ですよね。模試で大切なのは点数を出すことよりも分からないところを明白にしてそこを対策すること!!!そのためには解き直しノートが必須です!!

 

私は主に使っていた解き直しノートは、数ⅡB生物化学の3つでした。

 

暗記科目の方がまとめることによって頭の中を整理することが出来るので、作るとしたらそっち優先の方がいいのかなと思います!人によりますが、ここは自分に必要なものを考えて作ってください!

 

実際のノートがこちら!

↑数学↑

↑化学↑

↑生物↑

私が解き直しノートを作るうえで言いたいことはただ一つです!

 

無駄にいろいろ書きすぎないこと!!!!

 

よし!作るぞ!と意気込んだのはいいですが、受験生が解き直しだけに3日などかけていたら、それこそ時間がもったいないです(高2生以下の皆さんはじっくりとやってくださいね!)

 

必要最低限に!自分が分かればいいのです!最悪自分に読めればいいので、文字が多少乱雑になったとしても構いません。メモ書き程度でもいいのです。

 

抜けている知識をそこに書き出すことで、模試前になったら抜けている知識だけが書いてある自分だけの解き直しノートを見て、穴を埋めていくこと!それでも抜けている知識はぽろぽろと出てくるので、それもまた書く!そう繰り返していくことによって、どんどん穴がなくなってきます。

 

イメージとしては穴の開いたバケツ(自分)水を灌ぐ(模試を受ける)ことによってどこに穴が開いているかがわかる、それを補填(復習)していく、を繰り返していくことで穴がなくなっていけば、点数もあがること間違いなしです!

 

あと、模試だけをまとめるのではなく、普段勉強していて疑問に思ったこと、ここはこういう意味なんだ!と印象に残ったことも書き込めるように十分に余白を取ってまとめると、後でいろいろ書き足せるのでおすすめです!

 

要点だけをまとめて、自分なりの解き直しノートを作って下さい!

 

下の質問箱ではさまざまな悩み、意見を募集しています!どんな些細なことでもいいので気になることがあったらぜひ聞いてみてください!

 

さてさて、前置きが長くなりましたが今日の本題はここからです!

 

いろんな先生が言っていると思いますが、皆さん、夏休みという長い長期休みを有効に使えていますか?

 

特に!受験生は毎日15時間勉強をしようと口酸っぱく言われていますよね。

 

課外等もあるかもしれませんが、1日を長期間自分の勉強に充てられる期間は大変貴重です!

 

そこで、毎日やるべき三ケ条!!

 

其の壱!英語の長文を毎日1つは読むべし!

英語はスピードが命です!毎日読むことによってスピード維持、さらにあげることができます!!

 

其の弐!マスターは毎日4冠するべし!

英単語1800、英熟語750、英文法750、上級英単語1000は、全て完璧になりましたか?抜けはありませんか?

ここを毎日トレーニングすることで、夏休みに十分な英語力が構築しきることが出来ます。8月のセン本でセンター英語には決着をつけましょう。

 

毎日しっかりメンテナンスできている人と、そうでいない人の差が開いてしまうのが夏休みです。私・僕かもしれない…と思った人は今日から始めていきましょう!!!

 

其の参!苦手なところに毎日触れるべし!

苦手科目、ありますよね?十分に勉強できていますか?特に暗記科目ばかり力を入れすぎていませんか?

私は毎日古文・漢文を交互に1日30分だけ絶対に触れるようにしていました。

苦手克服もこの夏のうちに!苦手だからこそ毎日触れましょう!1日20分が40日続ければ、夏休み最終日には知識として自分に身に付いているはずです!!!

 

目先の勉強だけでなく、先を見通した勉強が大切になってきます。 自分の勉強に不安がある人はすぐに担任助手、または担任の先生に相談してください!

 

 

今日のブログは以上です!