森川校舎長紹介! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 3月 2日 森川校舎長紹介!

こんにちは柳沢です。

 

昨日、筑波山山頂からの太陽が昇る「ダイヤモンド筑波」を見てきました。



綺麗ですよね!(おじさんが映ってしまいました・・・)

ここまで綺麗に上る日の出始めてみました。茨城も捨てたものじゃないですね!

このダイヤモンド筑波は年に2回しか見ることが出来ないんです!

筑西市の「母子島遊水地」で開催され、無料で豚汁ホットコーヒーが配られていました。

機会があれば是非行ってみてください!

 

さて、今日は2月から新しくつくば校の校舎長、森川校舎長の紹介です!

様々なことをインタビューしていきたいと思います。

 

 


 

 柳沢:早速質問していきたいと思います、森川校舎長はどんな高校生でしたか?

 
森川:高校は、大阪桐蔭高校に通っていました。甲子園で春夏連覇ブラスバンド全国優勝、今年はラグビーの花園で優勝したこともある高校です(名前聞いたことがあったら嬉しいです!)
私は、陸上部に所属していて、種目は短距離走でした。週に3回くらいで特に大会で成績を残したことはありません。エンジョイ勢でした。

大学受験を意識したのは、高校1年生の時です。中学校の頃から勉強は頑張っていた方でしたが、
模擬試験では点数が取れませんでした。このままでは行きたい大学に行けないなと思って、
「誰よりも点数を取り1番になる」ということをモチベーションに大学受験の勉強に取り組んでいました。
このころから毎日3時間くらいは勉強してました。
高校2年生までは、好きな科目である英数ばかりやっていました。
文系なのに国語が苦手で、高校2年生の真ん中までは国語を避けてきました。「1年半だけだから」と自分に言い聞かせ、毎日文句を言いながら勉強していた気がします。高校3年生の4月からは、どの科目も均等に勉強していましたが、やっぱり英数が好きでそれを中心にやっていました。順調に英語数学の成績が伸び、自分の中に自信が生まれました。完全に自慢ですが、秋の模試では、英語で全国9位の点数をとったこともあります!



柳沢:すごいですね!みなさん英語、数学の質問があれば校舎長に聞きましょう!エリート高校生だったんですね。次はどんな大学生でしたか?

森川:「自分の好きなままに生きる」ということをモットーに生きていました。
京都大学の「自由な校風」に惹かれ、それを模倣してましたね。食べることが好きなので、学校の食堂以外にも周りのお店でご飯を食べによく行ったりしました。京都は美味しいものが多いです。ただ、それのせいで授業に間に合わなかったことも何度か・・・笑

勉強に関しては、「教育社会学」という学問を専攻していました。簡単に言えば、「教育が社会に及ぼす影響」について様々な側面から研究します。詳しく聞きたい人は、森川に聞きに来てください。社会学の勉強もしているので、そちらも紹介できます。

アルバイトは、とあるハンバーガーチェーンで4年間働いていました。
バイトリーダーだけでなく、それ以上の仕事なども任せてもらえ、非常に楽しかったし自分の成長に繋がる経験でした。
 
柳沢:なるほど! 次は趣向を変えて、普段休日どう過ごされていますか?
森川:ここ最近は、「食べること」ばかりです。特にラーメンが好きで、ほぼ毎日行くくらいの頻度です。つくばでおいしいところがあればぜひ教えてください!
あとは、散歩や自転車が好きです。折角なので、自転車買って色々なところを散策しようと思っています。

柳沢:つくばはおいしいラーメン屋さんたくさんあるので森川校舎長にマッチしてますね。
最後につくば校の皆さんへメッセージをお願いします!

森川:新しくつくば校の校舎長になりました、森川大督(もりかわだいすけ)です。
大学受験で第一志望校合格することは、自分の夢や志を叶える「はじめの第一歩」です。
夢や志を叶えることは、そんなに易しいことではありませんし、自分の理想のレベルまでたどり着くには並大抵の努力ではできません
ただ、そうした努力の中で、自分自身が成長し、どんどん可能性は大きくなっていきます。自分を信じることが努力の第一歩です。
これから一緒に頑張っていきましょう!
 
柳沢:森川校舎長ありがとうございました!これからよろしくお願いします!
 
 森川校舎長のプロフィールはこちらからも見ることができます!
是非チェックしてみてくださいね!

 

 

以上!今日のブログでした!

明日のブログは、坂巻先生です!

過去の記事