梅雨に入る前に読んでほしい話。 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 5月 23日 梅雨に入る前に読んでほしい話。


なんだかブログを書くのは久しぶりな気がします。紀藤です。

そういえば私の記事のタイトルは「~な話。」となっていることが多いそうです、無意識でした(笑)

 

さて、今日の内容はタイトル通りです。

突然ですが私は梅雨が嫌いです。梅雨に限らずが苦手です。天気に左右されやすい性格で、雨が降るだけで気が滅入ってしまいます。ちなみにこの記事を書いている今も雨です。

 

4月に新学期が始まって気合を入れて頑張って息が切れて5月病みたいになってきた頃に梅雨が来るんですよね。世の中うまくできているなぁと思います。しんどいときは無理するなと言いたいところですがこんな時期だからこそ考えてほしいことがあります。

 

皆さんが今やりたいことは何ですか。今すべきことは何ですか。

 

低学年の皆さんに聞きたいのは1つ目の質問です。私のモットー的に「今やりたいことは今やれ」という考え方なのでやりたいことをやったらいいと思います。ただし何かを生み出さない行動は避けましょう。それはきっとやりたいことではなく、暇つぶし・逃避です。

 

さて受験生、今日お伝えしたいのは主に皆さんにです。

今すべきことは何ですか。

夏は15時間勉強するんだよとよく言われませんか?そう言われて皆さんはじゃあ夏は頑張らなきゃな、今は少しずつ慣らしておこうとかいう感じでしょうか。

夏休みはみんな頑張ります。むしろ夏休み頑張れなかったとかいう受験生はそこで負け確定です。

 

私はそれ以前に今を、人生の転換点となる大切な時期だと捉えてほしいです。

 

これは持論ですが、世の中には受かる人受からない人がいて、受験で成功するのは受かる人と、受からない側にいたけど受かる側に移動できた人だと思っています。受験生はみな同じところからスタートし、勉強量が志望校のレベルに届いた人が合格するのではないと思うのです。

受かる人は勉強をしていないかと言われるとそうではありませんが、苦戦はしないでしょう、なぜならその人にとって勉強は当たり前だから。

一方受からない人はどうやったら受かる側に行くことができるのか、それはもちろん勉強です。ただし「正しい方向と量の勉強」です。

そのために15時間勉強はもちろん大切ですが、それ以前に受験への意識を変えなければならない人もいるのではないでしょうか。

 

今本当に必要なのは勉強量ではなく、受かる人間に変わることではないですか。

 

受からない側から受かる側に変わるのは難しいことです。なぜこんなに言うかというと、私が受からない側のどん底から受かる側に這い上がった人間で、浪人した末合格してみて初めて受験って大変なんだと実感したからです。

 

 

テストがあるからと思考を停止していませんか。

ただ時間を・受講を消化するように勉強していませんか。

5月病だから、梅雨だから、7月から切り替えるよとか思っていませんか。

 

今の時期だるいですよね。

でも変わるなら今しかないです。受かる受験生になるために何が足りないのか、もう一度自分を見つめなおしてみてください。

ジメジメした時期に、重い内容を考えるのは大変なことですから、ぜひスタッフに相談してくださいね。人と話すことで見えてくることはたくさんありますよ。

今日のブログは以上です!