東進のデータ紹介 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 6月 15日 東進のデータ紹介

こんにちは!本日のブログ担当の石田です!
今日は少し肌寒いですね。寒暖差が大きい日が続いておりますので、みなさん体調には気を付けてくださいね!

はい!この次は石田先生を知ってもらおうのコーナーですね。
今日はスポーツ歴についてお話したいと思います!
生徒には、よく高校時代の登山部の話でいじられるのですが、決して山に登っていただけではありません!

小学校に入学したころから剣道をやっており、部活には入っていなかったものの高校まで続け、3段をもっています!
幼いころのあの姿勢の良さはどこへやら、、、

中学ではバスケ部、ちょっとだけ陸上の大会に出たりもして、バリバリ運動していました!
いまからは想像できないほどに活躍していたんですよ!きっと!

しかし中学の後半からギターに目覚め、それからは音楽をずっとやっている感じですね。
ちなみにピアノは幼稚園からずっとやっていました!

今日はこんなところですかね。
さて、本日のオススメのバンドは、、、、、
「Sonic Youth」です!今の高校生はしっているのかな?
1980年代にノイズパンクとして活躍したニューヨークのバンドですね。
オススメとは言っていますが、なかなか聞きやすいものでもないかもしれないのであしからず。

 

さて、今日の本題ですが東進で分析されたデータ」についての解説をしたいと思います。
特に、つくば校は「エビデンスがあれば納得してくれる」生徒が多いと感じているので、こういった情報は役に立つのではないでしょうか。
今日はその一端をお話したいと思います。

上のグラフをご覧ください。
これは東進コンテンツでの数学の取り組みと6月、8月のセンター試験本番レベル模試の得点、その伸びを表したグラフです。
どうですか、これだけの差が付くということが本部での分析によって明らかになっています。
要は、ここで大切になってくるのが数学計算演習であるということが分かるわけですね。

まずは受験生の皆さん、数学計算演習、完全修得までやりきれていますか?
未だ完全修得していない状態で過去問に進んでいくのは、きっとリスキーだと思います。
計算演習において基礎・基本を徹底し、かつ解答スピードを上げることができてこその、実際の演習だと思います。
厳しいことを言うかもしれませんが、計算演習を完全修得できない人が過去問で高得点をマークするのは難しいと思います。
夏休み前に、必ず自分の学習状況を見直しましょう。

低学年の皆さん、いま、やるべきことに迷っていませんか?
受験生と違って、いつまでに何をやるというのが具体的で、明確ではないですよね。
そうなると、やはり昨今言われているような「早期化」に重点を置くべきだと思います。
そういった点で数学計算演習は基礎を修了させることができるので、導入としてはもってこいのコンテンツだと思います。
受験の難化に向けて、さらなる早期化が必要となる未来、今から始めるしか手はありません。

このように、東進ではエビデンスに基づいた指導を徹底しています。
40年以上の長い歴史、他の予備校に負けない合格実績からこのようなデータが得られているというわけですね。
これからもこのようなデータをいくつか紹介していきたいと思います。

今日のブログは以上!