最終センター試験本番レベル模試まであと1週間! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 12月 8日 最終センター試験本番レベル模試まであと1週間!

 

 

 

 

 

 

 

 

はいこんにちは。

他の担任助手のブログを期待していた皆さん申し訳ありません。
私の名前は佐藤大河です。
昨日もいた気がするのは気のせいではありません。
訳あって本日のブログも担当させていただきます。



さて、本日は12月8日、つまり受験生にとっては東進での最後のマーク模試になるあろう最終センター試験本番レベル模試まであと1週間となりました。


緊張しますか。

推薦の結果待ちでそれどころじゃない人もいるかと思いますが、やはり大半の人がこれまでのセンター試験本番レベル模試や全国統一高校生テストよりもいい点数を取らなければいけないと意識していると思います。
なんたって最後な上に本番の1ヶ月前ですもんね。


実際、今回の模試の結果は多かれ少なかれこれからの勉強や志望校に影響してきてしまいます。
もうそういう時期になってきたという事ですね。


ただ、たとえ点数が悪かったとしても深刻に考えすぎないで欲しいです
メンタル的にかなりくるのはよくわかります。
私自身12月の模試は10月の全国統一高校生テストよりも点数が下がったので死んでしまいそうでした。


しかし、まだ1ヶ月も残ってます。
しかもその1ヶ月は思う存分センターの対策に当てられます。
皆さんのこれからの勉強次第で本番の点数はかなり変わってきますよ。


過去問と模試のギャップには当然気づいていると思いますが、実際東進の模試は本番よりも少々レベルがお高めになっております。

なので、本番は今回の模試よりもかなり高い点数が取れると思います。

この時期あたりから、目標点と模試の結果のギャップに打ちのめされて志望校に迷いが生じてくる人もいますが、まだそれは早いです。


個人的に、志望校を変えるかどうか考えるのは本番が終わってからにすべきだと思います。

まだ始まってもいないのに弱気になるのはもったいないですよね。


とりあえずは、目の前で存在感放ってる15日の模試に全力でぶつかってきてください。


去年の12月の模試は試験会場が寒かったので気をつけてください。特にが寒かったです。くるぶし。


以上、お外が寒いため床屋に行けず頭の毛が伸び続けてさすがに邪魔になってきた佐藤大河でした!