後期試験を受ける受験生へ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 2月 26日 後期試験を受ける受験生へ

こんにちは!

担任の染谷です。

受験生の皆さん、国公立の前期試験お疲れさまでした!

長かった受験生活も終わり、ホッと一息ですね。

合格発表が出るまでゆっくり休んで…

と言いたいところですが、今日は少しだけ後期試験のお話をさせてもらいます。

堅めの話ですが、読んでいただけると嬉しいです。

国公立大学を第一志望としている人が忘れてはいけないものが後期試験です。

出願している人も多いのではないでしょうか?

実は、前期試験の合格発表日と後期試験の試験日との間はわずかしかありません。

例えば、筑波大学

前期の合格発表日は3/8、後期試験日は3/12と設定されています。

もちろん前期試験で合格できることが一番ですが、万が一のことを考えて、今のうちからしっかり後期試験対策をすることが大切です。

なぜこんなにこだわるか、というと

私自身、前期試験に落ちた経験があるからです。

実は今通っている筑波大学は、後期試験で受験しました。

受かっている!と思っていても、実際どうなるかは結果が出るまでわかりません。

そして、皆さんの学力は多くの試験を受け、経験を積んできた今がベストです。

そのため、ブランクを空けずに後期試験対策に入ってもらいたいです。

前期試験の後はモチベーションの維持がとても難しい…!

「こんなにできないんだから受かるわけがない」

「もしかしたら前期受かってるかも」

などと思ってしまいがちですが、前期の手応えがどうであれ、せっかく受けるなら合格を目指して対策をしておいてください。

ちなみに…

私が受験した時、後期試験だから人は少ないだろうと考えていましたが、実際に会場に行くとかなりの人数がいました。

(出願者数180名に対し、受験者数89)

約半分…。

後期試験への備えは大切かもしれません。

何はともあれ、前期試験本当にお疲れさまでした!!

以上、染谷でした!

とうとう明日、あの人がブログに初登場です…!

お楽しみにー!!

 

過去の記事