後期試験のお話。 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2020年 2月 28日 後期試験のお話。

こんにちは。
佐藤大河です。
 
ここに来てコロナさん本気出してきましたね。大荒れです。
時期が時期なので修学旅行、合宿、ディズニー、他にも様々なイベント等に影響がでております。
 
私も楽しみにしていた3月の予定が少しずつ減ってきていてがこぼれ落ちます。花粉で鼻水も垂れます。
 
 
さて、こんな状況なので入試がちゃんと実施されるのかもちょっとだけ心配ですが、本日は後期試験のお話をしたいと思います。
 
国公立前期が終わり、受験生の皆さん本当にお疲れ様でした、さあ遊んでらっしゃい。と言ってあげたいですが、そうもいかないですよね。裏ボスが立ってます。
 
 
現在後期試験の対策真っ最中の人は痛感してると思いますが、この時期かなりきついと思います。前期の対策の時とはまた違ったきつさ。
 
勉強していると前期の結果のことが頭をよぎりまくって吐き気がする。個人的にですが、受験期1年間を通してこの時期が1番辛かったです
 
前期の手応えが良かった人は期待感でそわそわしちゃって集中出来ない。結構ギリギリだった人は不安感でそわそわしちゃって集中できない。
どちらにしろそわそわしちゃって集中できない期間だと思います。私は後者でした。
 
ただ、集中できないからと言って勉強をストップさせてしまうと、せっかく培ってきた後期で戦える力もあっという間に抜けていってしまいます。もったいない
 
たまにノー勉で後期に挑むぜって人を見かけますが、その人は落ちます。
 
これはなんだかセンターや前期の前にも言った気がしますが、カコモンを解いていれば問題集を解くのよりも多少は集中力が続くのではないでしょうか。
 
 
今までせっかくこんなに頑張ってきたのですから、最後までしっかり理想の受験生やって終わりたいじゃないですか。
にゅるにゅると変な終わり方するのは今までの自分に失礼ですよね。皆さんの精神力見せてください。
 
以上、佐藤大河でした!