大学ってこんなところ(倉持編) | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2020年 7月 4日 大学ってこんなところ(倉持編)

こんにちは!

パーマがだんだんゆるくなってきた倉持です(笑)

昨日のブログにもあった通り、

初対面ではまあまあ怖がられますが、話したら仲良くなれるはずなので見かけたら是非話しかけて下さいね!

さて、今日のテーマは「大学ってこんなところ」ですね。

まあ正直未だに大学のことはよくわかっていないんですけど書いてみますね。

ご存知?の通り僕は早稲田大学の国際教養学部に在籍しています。

知っている人もいるかと思いますが、この学部の一番の特徴は

ほぼ全ての授業が英語で展開されることです。

いざ入学してみたら、本当に全部英語だったので正直びっくりしました(笑)

なので、英語に結構自信がないと入学後にかなりきついかなと思います。

学部の特色として、帰国子女や留学生がかなり多いので、実際、自分よりも圧倒的に英語力が高い人も多いです。

レポート等も、資料の下調べから作成まで英語で行うため、そのおかげでたまに書く日本語のレポートはとても楽に感じます(笑)

学問分野としては多種多様で、経済、政治、歴史、文学、言語学、国際関係学、心理学など多岐にわたります。

入門から上級まであり、学ぶなかで自分の興味を発見して深めていくことが出来ます。

タイプとしては「浅く広く型」なので、いまいち自分の興味ある分野がわからない人、絞れていない人におすすめかなと思います。

一方で、当然他の学部に比べれば専門性の面で劣るという面もありますが、

本当に深めたい分野が出てきた場合は院に行けばいいわけですし、問題ないと個人的には思います。

大学は自分の意識次第で良くも悪くもなる場所かなと思います。

明確な目標がある限り人は頑張れると思うので、

高校生のうちに出来るだけやりたいことを明確にして、意味のある大学生活にしましょう!

本日のブログはここまでです。

明日のブログは村井先生です!

お楽しみに!