夏の集大成!共通テスト本番レベル模試はいよいよ明日です! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2020年 8月 22日 夏の集大成!共通テスト本番レベル模試はいよいよ明日です!

 

こんにちは!!本日ブログ担当の黒田です!

今大学は夏休み期間で、やらなければいけないことが特にない状態です。こんなときこそ自分のためになることをやるべきなのですが、最近めちゃめちゃ怠けてだらだらしてしまっています…

こんな生活ではダメ人間になるだけなので、倉持先生も書いていましたが、今から就職活動に使えそうなTOEICなどの英語試験の勉強をして将来に備えようと思います!

あとは読書をして視野を広げることはとても大切なことだと思うので、最近は本を読むようにしています!今は日本史学専攻らしく、司馬遼太郎さんの「最後の将軍」という本を読んでいます。歴史小説を読んだことはほとんどなかったのですが、文章が巧みですごく引き込まれます。

あと、受験で日本史を勉強していたからこそ、授業で学んだ事件や出来事の裏側を知ることが出来てとても面白いです!時間が出来たらみなさんも読んでみて下さいね!

 

そしてそして…今日のブログのテーマにも書きましたが、いよいよ明日は共通テスト本番レベル模試ですね!夏休みの勉強の集大成とも呼ぶべき模試です。

 

今日のブログでは模試や入試の前日の過ごし方について話していきたいと思います。

模試に限らず入試本番の前日に出来ることはすごく限られていますし、頭に詰め込める内容にも限界があります。

私的には前日は問題を闇雲に解くよりも英単語や古文単語を見返したり、歴史などの暗記系教科の苦手分野の復習に時間を使っていました。

 

模試の場合は前日に過去問を解いたり、大問別演習で苦手な大問を振り返ることも大切だと思いますが、今回はちょうど入試本番まで約半年という節目なので、入試本番前日のような緊張感を持って今日を過ごしてみても良いかもしれません。

 

 

前日に特に意識することは、

①無理に難しい問題に手を出さない

②体調管理をしっかりして早めに寝る

③復習は自分の苦手分野や記憶が曖昧で心配なところを重点的にやる

この3つだと思います!

 

①に関しては、単純に前日に気分を落とさないためです。(笑) 問題が難しくて解けないという感覚を前日に味わってしまうと自信も削がれてしまうと思うので、前日は無理に応用問題に手を出さなくても良いと思います。

でも今までに解いたことがある難しい問題を復習する分には全く問題ないと思います!

 

②は常に大切なことですが、体調管理をしっかり行わないとどれだけ勉強しても試験本番で全力を出せなくなってしまいます。ましてや無理をして体調を崩し、試験自体を休むことになってしまったら元も子もありません。

体調を崩さないように前日は特に気を付けて早く寝ましょう!

 

③に関しては、前日に出来ることは限られているということに繋がってきますが、あれこれ色々なことを詰め込もうとしても、前日に出来ることはそんなに多くありません。

それよりも自分が苦手な分野やぱぱっと確認できる英・古文単語などを確認するのがおすすめです!

英単語などは前にブログに書いたように、自分が分からなかった単語を集めた単語帳を作ることで復習しやすくなりますよ!

 

以上のように試験前日の過ごし方を色々書いてみました!参考に出来るところは是非参考にしてみてくださいね!

そして、明日の共通テスト本番レベル模試で全力出してきてください!応援しています!!

 

明日の更新は芝田先生です!お楽しみに!!