全国統一高校生テスト後の過ごし方 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 10月 29日 全国統一高校生テスト後の過ごし方

 

 

こんにちは!

担任助手の染谷です。

みなさん、昨日は全国統一高校生テストお疲れ様でした!

自分の予想よりもできた人、出来なかった人、それぞれいると思います。

ただ、一喜一憂するのは昨日まで!

本日は、模試後の過ごし方についてお伝えしたいと思います!

帳票が返ってくると、判定だけみて一喜一憂してる人はいませんか?

しかし!

模試の帳票は、成績アップのために必要なルートを示してくれる宝の地図です。

せっかく模試を受けたのに、そのままにしていたら勿体ない!

各科目・単元ごとの得点率過去の合格者平均点との差など、見どころは盛りだくさんです。

例えば数学!

各大問で、プラス1問ずつ正解できていたら合格者得点を突破していた!

ということがわかれば、次の模試に向けた学習計画を、数値的に立てられるようになります。

さらに、ただ漠然と苦手分野の全範囲を学習するのではなく、間違えた場所にポイントを絞ることもできます。

さらに、模試の判定は受験者数が多い分、5,6点の差で判定が1つ変わることも多々あります。

(入試本番も1点が合否を左右します)

A判定だからと余裕ぶったり、C,D判定だからと落ち込むのではなく、得点にも注目しましょう!

また、高校1,2年生のみなさん

大学受験はみなさんにとって遠いものではありません。

帳票にはすでに、合格者がみなさんの学年の時にとっていた得点の平均点が記載されています。

志望校に対して自分があと何点足りないのかどの科目を得意にしていくべきかなどなど今からやれることは盛りだくさんです!

受験勉強にフライングはない!

模試の結果と向き合い「復習」に力を入れましょう!

復習の仕方がわからない…という方!

ぜひ、グループミーティングや受付で担任助手に声をかけてみてください。

きっとアドバイスをもらえると思います!

自分にあった復習方法を見つけて、模試を宝物にしていきましょう!

以上染谷でした。

明日のブログもお楽しみにーー!