体験受講とは | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 9月 2日 体験受講とは

こんにちは!本日ブログ担当の佐藤です。

台風がまた近づいてきましたね。学校から登校時間を遅らすまたは休校の連絡が来るかもしれません。その時に「ラッキー!もう少し寝よう」など怠惰なことをしてしまう人をするのはもったいないです。その時間で勉強したことは必ず後々役に立ちますよ!

 

 

 

さて皆さん、そろそろ新しい授業をとるのではないでしょうか?

東進は映像授業ですが、その良いところ、たくさんある授業のうち自分に合った授業を受けることができます。そのためには体験受講が必須です。

今日はなぜ体験受講が必要なのか、体験受講を受けるときのポイントを紹介します。

まず体験受講とは、気になった授業を始めの1コマを無料で受けることができるサービスです。新しい授業をとるとき、受講できる授業一覧から選びます。そこでとった授業はそれから半年ほど受けるものです。

それが自分にあった授業でないと、途中でやる気やモチベーションが下がったり、すべて受け切っても最大限に学力を伸ばせない可能性があります。

東進の授業は同じ科目でもたくさん種類があり、例えば英語では今井先生、安河内先生、、、など先生がたくさんおり、授業内容や難易度も少しずつ違ってきます。

ということで自分に合った受講をとるために体験受講は必要です!

そして体験受講を受けるためのポイントを紹介します!

①どの先生が授業をしているか

先生のよって授業スタイルが変わってくるので、やる気が上がる先生を見つけましょう!

②難易度

ぴったりの先生でも自分にあった難易度のものを受けなければ、意味がないです。僕のおススメはテキストにある問題が解けそうで解けないものがある授業です。それが一つ一つ理解できるたびに頭がよくなっていく実感がありました!

③これからこの受講を受け続けられるかを想像する

これが一番難しいです。ただ体験受講を受けている途中で時間がたつのが長く感じたら、それはあなたに会っていないと思います。

今日のブログは以上ですが、自分にあった授業を担任、担任助手の先生としっかり話し合って決めてくださいね!がんばってください!

 

東進生でない高2生以下でも体験できるので、予備校の雰囲気を知りたい人は下のタブから申し込んでください!