スタートダッシュの大切さ(低学年) | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2020年 2月 8日 スタートダッシュの大切さ(低学年)

こんにちは!ブログ担当の村井です。

 

ここ数日、自分の大学の入試のお手伝いをしています。

受験生に学内の案内などをしているのですが、受験生ひとりひとりから緊張感が伝わってきて、去年の自分の受験を思い出しました。

 

 

受験生のみなさん、最終結果はまだまだ分かりません!

最後まで全力を尽くしてくださいね!!

 

 

 

さて、今日のテーマは「スタートダッシュの大切さ(低学年)」です。

 

 

 

受験生は現在、受験の真っただ中です。もう既に第一志望校の受験を終えている人もいます。

昨日のブログにもありましたが、まさに高校3年生は受験のラストスパートを切っています。

 

 

では、高校2年生以下のみなさんは、、、

 

 

受験生への、新学年へのスタートダッシュです!!

 

 

 

スタートと聞いたら新学年へと切り替わる4月から、と考える人がほとんどかもしれません。

 

特に高校2年生は受験学年となります。勉強漬けの毎日になる前にたっぷり遊んでおこう!そう思っている人も多いはずです。

 

 

 

ですが、春から受験生、では一般的な高校3年生となんら変わりません。

 

 

 

高校3年生になってからはみんな頑張ります。

 

 

 

せっかく低学年のうちから東進に通っているのに、みんな頑張り始める時に受験へのスタートを切るのは本当にもったいないです。

 

 

今やっている学校の授業はもちろん、東進の受講、マスターなどをひとつひとつ大切に着実に自分のものにしていけば、必ず成績は伸びていきます。

 

 

勉強以外の部活、学校行事、遊びなどももちろん全力で楽しむのも、もちろん大切です!!

 

ですがそれに加えて、高校2年生は受験生になる自覚を持つことで自然と日々の行動が変わってくると思います。

 

 

今の自分の勉強への姿勢や生活リズムを見直して、受験生への、新学年へのスタートダッシュを切りましょう!!!

 

 

今日のブログ以上!明日もお楽しみに☆

過去の記事