部活と勉強の両立② | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 5月 24日 部活と勉強の両立②

こんにちは!本日のブログ担当の駿里です!

最初に、僕が高校で所属していた部活を紹介します。

僕が所属していた部活は水泳部です。ただし、皆さんがよく想像する競泳ではなく、主に水球をしていました!水球は7対7で行う球技です。人との接触が多く、掴む、蹴るといった行為が意図的でなくとも日常的に発生するため水中の格闘技」と表現されることもあり、かなり激しいスポーツです。

↓高校生のとき

水球はどうすれば強い選手・チームとなるか、または健康的な影響など様々な研究がされています。それらを紹介したいですが長くなるのでその話はまた今度しますね。

どうして最初に所属していた部活を紹介していたかというと、本日のブログテーマは「部活と勉強の両立」です。この前、同じようなテーマを大河先生がブログで話してくれましたね。

↓5月20日「部活とお勉強」

大河先生は東進の入学が遅く部活の引退が早かったそうですが、僕はその逆で東進の入学が早く、部活の引退が遅かったです。

なんと8月4日が最後の試合でした!(夏休み残り27日)

そのため、夏休み入る前まで放課後は18時まで練習があり、受験の天王山と言われる夏休みのときも、7月中は朝9時から夕方16時までほぼ毎日練習でした。

受験生の皆さんはこの状況を想像してみて下さい。「え、受験に間に合わなくない?」と思いませんでしたか?

当時の僕が何を心がけて両立していたかを書きたいと思うので、部活をしている人は少しでも参考にしてみて下さい!

①大学受験当日から現在までを逆算すること

これは昨日紀藤先生が話してくれたブログにもつながりますが、やらなくてはいけないことが想像できないと「今すべきこと」が見えてきません。当時の僕は例年の大会日程、部活の予定を把握して、さらには学校でのそれからのカリキュラム、東進での勉強を把握していたので、その時何を優先して行うか何をすべきかを決めていました。それらの予定は、調べたり、確定した予定がなくとも例年の予定を参考にすれば、「この後の予定が分かりません。」とはなりません。ここは自分が動けるか動けないかです!

②毎日登校

ここは5/20の大河先生のブログでその通りのことを書いてくれたので、見てみてください!

③何かあったときに先生に相談

①でその時何をすればいいのか決めたと書きましたが、人生何があるかわかりません。予想外の出来事はもちろん、練習疲れや日焼けによる熱で予定通り勉強が進まなかったときは当時の担当だった先生に相談していました。今思うとなかなか迷惑をかけてしまったと思いますが、受験に遠慮は必要ないです!一人で抱え込まないでくださいね。

④使えるものは利用する

最後に、これは僕が心がけていたことです。ここまで両立してきました!という立場で書いてきましたが、正直、当時はそんなことを思っていませんでしたし、当然ながら余裕がありませんでした。①②③で紹介したことも根本はこれでした。①は東進の先生や東進の昔の掲示で知り、必要だと思ったから、②は東進という勉強ができる場所があるから、③は相談が気軽にでき、かつ+αなことを毎回得られたから。他にもいろいろ利用した結果が、両立ができ、受験成功にあらわれたと思います。

皆さんも人生に一度きりの現役受験です。悔いのないようにしましょう!

今日のブログは以上です!