過去問で点数取れなくて伸び悩んでいる君へ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 11月 5日 過去問で点数取れなくて伸び悩んでいる君へ

 

はい!お久しぶりです!

本日のブログ担当は飯泉です!

最近は寒くなってきましたね。

僕は11月始まって間もないと言うのにタートルネックを箪笥から出してしまいました(真冬乗り切れないフラグ)

夕方街を歩いていて寒気がすると、ふと1年前の自分を思い出させられます。

肌に刺さる寒さが受験が迫ってきているのを実感させてきて連日腹痛を起こしていたなぁ、、、って。

いやもう思い出すだけで腹痛が再発します(笑)

たぶん受験生の皆さんも1年前の自分と同じように不安になっている人もいるのではないでしょうか。

さて、皆さんの多くは夏休み明けから二次・私大対策に打ち込んでいると思います。

11月末までに第一志望の過去問十年分最低1周

という約束は守れそうですか??

12月、1月前半はセンター対策、1月後半からは併願校の過去問対策に時間が割かれてしまうので、

11月末までしか第一志望の過去問にしっかり打ち込める時間はありません!!

10月末まで時間を無駄にしてしまったと思う人はこの1ヶ月、合否を分けると思って真剣にやりましょう。

もしかしたら、過去問の点数で伸び悩んでいる人もいると思います。

「過去問まじめにやってるのに点数伸びないしやってる意味あるのかな、、、?」なんて不安になっていませんか。

大丈夫!正しい努力をすれば、必ず結果は出ます!

過去問を解いた後に自己分析シートを書いているとおもいますが、

それを書くことで自分が今何が足りないのか、必要な勉強は何なのか考え直す機会になります。

時間のない時期です。

やることに優先順位をつけなければ合格に必要な学力ラインに到達できません。

自己分析シートをその優先順位をつける一つの機会として是非活用して下さい。

自分では伸びてるか実感できなくても、実力は確実についてます。

第一志望合格を確固たるものにするのは間違いなく過去門の演習量と分析の総和です。

諦めずに頑張りましょう。