自己流!!疲れた時の息抜き方法(仁科編) | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2020年 6月 15日 自己流!!疲れた時の息抜き方法(仁科編)

 

こんにちははははははは!!!!!!

担任助手1年の仁科湧貴です!!!

最近、食材を買いに行くと帰り道に雨降って来てびしょ濡れになるのがトレンド()です!

とってもとっても悲しい気持ちになります。

_`)(´ω・`)(´_`)←こんな感じです。

さて、今日のテーマは全国統一高校テストに向けて!

というテーマで書こうかと思ったのですが僕があまり勉強について自論を語るキャラでは無いことと()、皆さんは全統みたいな大きな模試が迫っててストレスストレスな毎日を過ごしているだろうとおもって仁科が受験生の時の息抜きについて書きます!

僕の息抜きの方法は受験期の「どの段階にいるか」によって変わってました!

まずは受験期初期の単語や熟語、数学の公式や、計算への慣れが重要な時期は正直あんまり息抜きしてませんでした!!!

はっ???って思った皆さん、僕も書いていてそう思いました!!()ただ、受験初期は上にあげた単純作業のような勉強が多く辛い時期であるが故に息抜きを多くしたくなりますがこのような勉強ほどあながちをやれば成績が伸びるというのは間違っていません(と僕は思います) 。なので僕は割と自分を追い詰めて、なんなら追い詰められてることを楽しんで淡々と永遠に勉強してました。(今日の俺16時間勉強してるやんウケるwwみたいなことを考えながら、変な人ですね(達観))

次に受験期後半は打って変わってわりとしっかり息抜きをしてました!

日々の勉強の中で出来るだけ勉強場所を変えたり10分程度お散歩に行ったり物理の問題をといてリフレッシュして数学などの思考力を必要とする問題をリラックスした状態で解けるようにしてました!

また、僕は2週間連続で15時間勉強しても大丈夫な人間だったのですがその反動として1日とてもやる気が出ない日が来る人間でした。そんな時は丸一日遊んでました!!

丸一日遊んでたと見るとダメダメ受験生のように思えるのですが僕にはこの方法が一番合っていたし(受験生時代に色々模索した中では)実際結果も出せていました。

この時期に息抜きをする上で1番皆さんが意識するべきことは“1番成績との兼ね合いが効く息抜きの方法を模索することだと思います。息抜きも色々な方法がありますし自分がする勉強によって息抜きをしなければならない程度も変わってきます。そのうえで息抜きも勉強というような意識で試行錯誤をし、受験期後半で最高のパフォーマンスをできるような息抜き方法を見つけておいてください!

そんな風に明るく考えて行けば受験生活も自然と明るくなっていくと思います!!

次のブログは優しく”オシャレ”な大河担任助手です!!!