熱中症の話 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 7月 25日 熱中症の話

 

こんにちは!本日ブログ担当の駿里です。

先週までの雨で肌寒かった日々が嘘のように、日に日に気温が上がってきましたね。今日は中国地方でも梅雨明けが発表されたそうで、夏本番という感じが近づいています。

そして気になる関東地方の梅雨明けは、現在日本の南側にある熱帯低気圧次第とのこと。それが通り過ぎると関東地方でも本格的な“夏”が来ますね!

さて、梅雨が明けるということは、太陽がぎらぎらと照り付けます。ここで注意したいことは、熱中症

熱中症と一言でいっても、症状がいろいろあることは知っていますか?

人は体の中で熱を作ったり、外に熱を逃がすことで、体温を一定に保っています。

例えば、運動など活発に身体を動かしたりすると筋肉でたくさんの熱が作られ体温が上がったり、暑いところにいたり日差しに当たっているともちろん体温は上がっていきます

体温が上がると、皮膚近くを流れる血流が多くなって、体内の熱を逃がしやすくなります

しかし、血流が全体に行きわたるために、一時的に血液が足りなくなり、血圧が下がることがあります。その時、脳に十分な血液が送られず酸欠状態になりめまいや立ち眩み、意識を失ってしまうことがあります!これが「熱失神」です。

著しく体温が上がったときは汗をかくことで体内の熱を外に逃がします。ここで十分な水分を取らず、脱水状態が続いてしまうと、倦怠感や吐き気、頭痛などの症状が見られます。これが「熱疲労」です。

また、汗をかくことで失われるのは、熱と水分だけではありません。塩分も失われます。この塩分は筋肉の収縮を調整する役割があり、塩分不足になると、手足をつったり、筋肉がけいれんしたりしてしまいます。これが「熱けいれん」です。

最後に、さらに体温が上がり、体温を調節する機能が追いつかなくなると、脳に影響を及び、倒れたり、意識の障害をきたすことがあります。これが非常に危険な状態で「熱射病」といいます。

さて、全体的に熱中症について書きましたが、皆さんにしてほしいことがあります。

それは水分補給です。お茶コーヒーなどの利尿効果があるものではなく、塩分もとれる電解質を含んだ飲み物(ポカ〇スエットやア〇エリ〇ス等)をしっかり飲むこと!!また、東進はエアコンがついているため外よりものどが乾かないかもしれませんが、それでも水分補給をすること!意外と1L以上失っているそうです。

勉強部活遊び大学選びオープンキャンパスなどのイベントにも本気で向き合える夏休みにするために、体調管理を気を付けてください!!!!

本日のブログは以上です!明日もお楽しみにーー