気象予報士試験、結果報告 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 3月 9日 気象予報士試験、結果報告

こんにちは、倉持です。

今日も暖かな日が注ぎ、春の足音が聞こえる心地よい陽気です♪

 

そんな春を感じる3月ですが、自分は先日、雪山に登ってきました!

登ったのは北アルプス唐松岳(△2,696m)です!

久しぶりの登山で気分転換って意味もありますが、冬季の日本の降雪を自分の大学の卒業論文のテーマに決めたのでそのフィールドワークの意味も込めて登ってきました!今年の雪は少ない…!

 

↑山頂からの眺めです!この絶景を共有できたら嬉しいです!

 

さて話は変わりまして、昨日は近くの筑波大学の発表の日でしたが、実は自分にとっても大事な試験結果の発表の日でした。

完全に個人的なお話になりますが、ご興味ある方はお付き合いくださればと思います!

 

以前から何度かこの場を借りて気象予報士のことを書かせてもらっていますが、昨日3月8日はその気象予報士試験の合格発表がありました。

 

試験を受けたのは1月の末で、1か月以上たっての発表ですが、前日はだいぶ緊張してよく眠れませんでした。

 

発表はネットに合格者の受験番号が掲示されるのですが、そこに自分の番号はありませんでした。

つまり今回の試験は不合格でした。

 

ただそんな中でも、学科試験(一般)学科試験(専門)合格していました!次回の試験ではこの2科目は免除されるので、次の試験では絶対に受かります!あきらめずに頑張ろうと強く思いました!

 

実際、このことは書くか迷いました。受かっていたらカッコ良く報告できましたが、結果が出せなかったことは悔しいですし、望まぬ形です。

でも、失敗は誰にでも付き物で、それは決して恥じることではないと自分は知っているので自信をもってお話させていただきました。なんでも思い通りにいくわけじゃないし、人生は甘くないなぁと改めて思い知らされました。

 

ただ、それと同時にやることをやり切っていないこと叶えるためにやり残したことがあることにも気づきました。なので、次やることは明確です。

 

大学受験の結果発表の後に今の自分と同じ気持ちになる人ができれば0人でいてほしいです。

これから受験をする人、今しかできないことがあります。

受験を終えた人、やることを明確にして道を選んでください。

 

今日のブログは以上です。

 

P.S. 神経質に落ち込むタイプではないので次の試験頑張って!とでも声をかけてくれたら嬉しいです(笑)