正月特訓に参加する生徒へ!!! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 12月 31日 正月特訓に参加する生徒へ!!!

みなさん!!!

2019年最後のブログを担当します!

つくば校3年生の楢戸響です。

今年は入試改革が話題になったり、来年の東京オリンピックが話題になるなど、色々なことがありましたね。

個人的にも今までの人生で一番忙しい1年だったと感じています。

振り返りたい事もたくさんありますが、今日は、明日1月1日から2日間、正月特訓に参加する生徒への激励を書かせていただきたいと思います。

正月特訓ですが、実は3年前、生徒として参加しましたし、2年前はスタッフとして参加しました。

そのため、正月特訓への思い入れは他の担任助手のみなさんよりもあると思っています。

2日間、英語しか勉強しない環境で追い込みをするので、英語の点数は自然と伸びます。

しかし、、、、

ただ受動的に参加しているだけでは、成長はあまり見込めません。

以前参加した生徒も、参加後に英語の点数が飛躍的に伸びた人と、そうでない人がいましたし、今回も例外ではありません。

正直、正月特訓には英語力を向上させることの出来る知識がつまりすぎています。受動的に受けていては覚えられる量にも限界がありますし、せっかく参加するのであれば、圧倒的に英語の点数を伸ばしてほしと思っています。

そのためにも、参加する皆さんは、一つでも多くの単語を覚え、常に同じ部屋に座っている人よりも高い得点常に確認テスト・修了判定テストで満点を目指していただきたい。)をとることを意識してほしいと思っています。

正月特訓の中で、森田先生は、単語を結び付けて覚える方法、入試で頻出の事項など、とにかく多くを扱います。

板書だけでなく、先生の発言が学べる事があれば、積極的にメモを取って、今後に生かしてほしいと思います。

僕は、正月特訓に参加してから、物事への意識が変わりましたし、当時一緒に参加していただいていた担任助手の先生にもとてもお世話になりました。

その当時伝えて頂いた言葉は今も自分の中で大切にしています。

正月に、正月特訓に参加した生徒程頑張る人は、まずいないと思います。

新年、日本で一番のスタートを切り、最後の入試を駆け抜けるためにも、全力で臨んで頂きたいと思っています。

2019年で、全て完璧だったと感じていない人も、2020年から、また再スタートしましょう。

正月特訓に参加するみなさん、頑張ってきてください。応援しています。

 

そして、2019年に関わった皆様大変お世話になりました。

来年も何卒宜しくお願いいたします。

良いお年をお迎えください。

 

 

これにて、2019年、ブログ終了。