時計のお話しとセンター出陣式 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 1月 16日 時計のお話しとセンター出陣式

こんにちは!倉持です!

いよいよセンター試験間近になってきましたね。

今週末のつくばの天気は晴れの予報、交通網の乱れは無さそうなので安心して試験会場に向かってください!

ただ、朝の最低気温予想がマイナスとかなり冷え込むので要注意です!

 

実はセンター試験が近づくと同時に、わたくし倉持もある重大な試験が近づいているのです。

そう、気象予報士試験です!!試験日がセンターの1週間後、1/27なのです…!

自分も最後の仕上げの時期です。頑張ります!!

気象予報士試験の結果や詳しいお話はまた機会があれば…!(お楽しみに?!)

 

さて今日は、最近のブログは専らこの話題ですが、本番で余計な失敗が無いように自分からもセンター試験本番の失敗談をお話させてもらおうかと思います!

 

さてその失敗とは「時計の失敗」です。

受験生の1年間、倉持は基本的に模試の時は普通の腕時計を持っていき時間の確認に使っていました。

しかし、本番1個前の模試から父親から借りたグリーンのスポーツ用腕時計(めちゃめちゃかっこいいやつ)を使うようになりました。時間表示が見やすいのです!

これが悪夢の始まりでした…。

もちろん試験本番の日も「父さん、時計借りてくわ~」と、めちゃめちゃかっこいいグリーンのスポーツタイプの腕時計を付けて試験会場の千葉大学に向かいました。

試験1日目は何事もなく終わったのですが、事件は試験2日目、最初の数学ⅠAの試験前に起こりました…!

数学の問題冊子が配られてからの試験開始までのあの待ち時間(本番はやけに長い)、ふと腕時計の画面を見るとなんと設定した覚えのないアラームマークが!

「このままでは試験中にアラームが鳴り響き、失格になる!!」と判断した受験生倉持はアラームの解除を試みます!

しかし、その腕時計は父親の最新式スポーツ用腕時計、操作方法がまったく分からない!ましてや試験開始を待つ静まり返った教室に腕時計の操作音がピピッ!ピピッ!と鳴り響く始末…。

焦りに焦ったのち、スッと手を挙げ、試験監督に預けられるグリーンのスポーツ用腕時計。「アラームの切り方が分からないので預かってください…泣」と伝えられた試験監督の顔とクスッと笑った隣の席の子、あの時の事は忘れられません…。

ということで、そこからの試験は時計なしで受ける破目に…。

 

しばらく学校で「試験前に時計ピッピ鳴らしてたやつ」と少し話題になりました(笑)

 

結果は悪くなかったので、今となっては笑い話ですが、これがきっかけで試験の点数が悪かったりしたら悔いても悔やみきれないと思います。

受験生の皆さん、ぜひ万が一の時にも対応できるように試験本番をシミュレーションしておいてください!

 

さていよいよ目前迫ってきたセンター試験!

つくば校では、明日117(木)21:30センター出陣式があります!

受験生の皆さんにセンター受験での最後の注意点の確認や先生たちからの激励の言葉やアイテムで応援したいと思っています!