将来について少し考えてみましょう! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 9月 24日 将来について少し考えてみましょう!

 

 

 

 

みなさんこんにちは!

本日ブログ担当の楢戸です。

本日のブログは「将来について」というテーマで書いていきたいと思います。

最近、渡辺先生柳澤先生が海外の話をしているので私も便乗させていただきます。

先日、半月ほどマルタ共和国というところへ行ってきて、1週間ほど前に帰国しました。

まだ時差ボケが治っていなくて朝起きるのがとても大変です。

マルタという国は人気の観光スポットで日本人の人も多くいました。

なぜ人気なのかというと・・・

そうです。このきれいな海です。透明度が高く、場所によっては20m下の魚を船の上から見る事もできました。

こちらは首都バレッタです。世界遺産に登録されている町で、16世紀の城壁が残る歴史を感じられる町です。とても魅力的ですよね。このマルタという国ですが、第二次世界大戦で大打撃を受け、失われた建築物も多いのですが、現在ではバスが当たり前のように50分以上遅延したり、日本とはまるで違う時間の流れを感じました。

ゆっくりと流れる時間は、いかに自分が生き急いでいたのかを実感させてくれました。

現地で偉い人(会う1週間前に日本の首相と会食をしたらしい)に会う機会があったのですが、建築の安全基準、道路交通法の整備その他公共事業にも課題が残されているという話をしていました。

他にもたくさんエピソードがあり、とても良い経験ができたので、気になる人は後日楢戸に聞いて下さい。

そんな経験をして、今の自分を自分を見つめ直し、そして将来についてぼんやり考えるようになりました。

半月間同じ場所で生活した人たちは、エンジニアやスポーツ選手、複数国での弁護士を目指す学生など、自分よりもはるかに志が高い人がほとんどでした。志が高い人は実行力があり、生き生きしているように見えました。

みなさんは「こういう人間になりたい」という理想像はありますか??

あるとしたらそれを追い続けるべきですし、なければ探し続けるべきですよね。(だれか有名な人がそう言っていた気がする)

今の自分には英語力が足りていないと今回痛感しました。先ほど話した偉い人の話も、おおまかなところは聞き取れましたが、細かい専門的な話やジョークなどが理解できずとても残念でした。受験勉強を通して、英語には自信が合う方でしたが、自分の実力不足に少し悲しくなりました。

今後英語は必ず英語が必要だと耳にタコができるほど言われていますが、本当にそうだと思います。中学生の頃に行った2週間という超短期留学では、子供ということもあり、ゆっくり話をしてくれましたが、大人に近づいた今、容赦なく早いスピードで話しかけられ、応答を要求されます。

英語は勉強ではなく、道具として使えるようにならないといけないと身を持って実感しました。

大学生のうちにもう少し長い期間をかけ、英語を修得したいと思っています。

みなさんも大学生になって行けるのであれば、海外へ行くことをオススメします。

価値観が大きく変化すること間違えないです。しかし、ただただ行くのではなく、できれば何か軸を持っていくことがベストです。歴史を見てきたい・法律について知りたい。文化について知りたい。なんでもいいと思います。私の場合は、「社会保障制度について知りたい」が中心です。何か軸を持つだけで、ただボーっと過ごすのではなく、自分の中の価値観や常識が塗り替えられるという経験をすることができると思います。

長くなってしまいましたが、何が言いたいかと言うと「今自分の知らない世界を見るべき」ということです。

価値観が変わると、夢も変わってきます。まずは何かきっかけが大事です。

きっかけといえば、今週の日曜日、志高い全国の東進生の代表として中国の清華大学に短期留学に行くというきっかけを手に入れた生徒の報告会があります。

私も彼とよくその話をしますが、得てきたものは大きく自分の心まで動かされましたその感動を是非皆さんにも味わっていただきたい。

清華大学HRまで、あと6日です!!!

志が持つ力とは、そもそも志とは何なのか、是非この機会に考えて欲しいと思います。

以上!!!

明日のブログは荒川先生です!!!

お楽しみに!!!