受験期メンタルの保ち方 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 11月 28日 受験期メンタルの保ち方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!本日のブログ担当武田佳奈子です!

今日のブログのテーマは受験期のメンタルの保ち方!です!


受験生のみなさんは、11月も終わりGMも終わりを迎えました。

担任助手の自分が言うのもなんですが、結構思い出深く寂しいなと思う方も多いんではないでしょうか。

実際私はすごく寂しいです!!本当に本当に楽しい時間でした、、!


さてさて、そんな中で11月でGMが終わる意味、みなさんはどう捉えていますか。

私は受験生の皆さんが残り一ヶ月ちょっと一分一秒無駄にしないために、という意味合いが強いと思います。

改めて、緊張感が高まってきましたね笑


そんなみなさんに求められてくるのは、勉強とメンタルの持ち方かなと思います。

私からは今回メンタルの持ち方について、前置きが長くなりましたが話していきたいと思います!

 

受験期のメンタル、不安型楽観視型に大きく分けて考えていきます。

 

まず不安型の人。いやもうね、今日の予定をとにかくやり切ることが大切だと思います!今日出来ることを全力でやる、これを繰り返すことで、「今日も頑張った」という感触を毎日感じることで、メンタルを保てるのではないでしょうか。

でも私のことだけ参考にしてもなので、今回はインタビューたーーーいむ!を入れていきたいと思います。

まず菊地さん!「メンタルが崩れて、負のスパイダルに陥ってしまうくらいなら、自分は受かる。結局本番取った奴が勝ち。今やれば、本番取れるに違いない。そう前向きに楽観的になりましょう!」

菅くん!「東進で自分の勉強を効率よく終わらせて、家帰った後に、自分の好きなことやる時間を作ることが大切だと思います。」

 

もう、やるしかないんです!とにかくここまで来たら強気に考えて、ライバルを勢いで勝ちましょう!!!

 

次、楽観視型の人!センター近いこともわかってる、けどいまいち焦れない、という人もいるのではないでしょうか。

これは、拓先生に聞きましょうか!「勉強の合間に、友達とラーメン食べに行ったりしてましたね。試験当日も終わった後に何のラーメンを食べようかとか考えて、自分へのご褒美を考えてモチベを上げていました」

だそうです!楽観視してしまう人は楽しいことでモチベを上げるのが良いのかもしれませんね。人生を左右する受験、楽しんでばかりはいられませんが、ご褒美方式で乗り切っていきましょう!

今回インタビューした結果としては、もうここまできたら強気にいって乗り切る!ですかね!

みなさんにもう悩んでいる時間はありません。

受験本番まで、不安感じないくらいに、がむしゃらに勉強して合格掴み取りましょう!

明日の担当はしゅんり先生!絶対いいお話聞けますよ~!