受講のover,behindを意識しよう | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2019年 12月 12日 受講のover,behindを意識しよう

こんにちは!本日のブログ担当武田です!

突然ですが、over,behindちゃんと意識出来ていますか?

“合格設計図通りに進める”。これは入学時に東進と約束したものですね。

これを守る事は本当に基本中の基本ですね!

といいつつ、最近Behindが溜まってしまっている生徒がちらほら見受けられます。

Behindを溜めてしまう癖が出来てしまうのはよくない、というのは皆さん分かりきっていると思うのですが、これがどういった悪影響をもたらしてくるかみなさん理解しているでしょうか。

 

Behindを溜める、ということは、予定通りにきちんと実行する習慣が出来ていない、ということですね。

やることがたくさんある受験期に立てた予定を、そこまで余裕をもって作ることができません。そんな中で、予定が遅れてしまったら、「やることがやりきれないまま受験本番を迎える」という最悪なケースに陥りかねません。

そのため、普段から担任助手たちは、みなさんが受験期にそんな事態に陥らないよう、日々声掛けしています。

そんな中で、overを作る意味はどんなものがあるのでしょうか。

ここまで話したら察する生徒も多いと思いますが、予定通りに物事を進められる人は全国的に見たらざらにいます。

そんな中で、overで自分がしなければならないことをする、この能力を持った人が受験で勝つのは分かりますよね。

 

日々目の前のことばっか見て、一週間の予定ばっか見ていてはどんどん予定がくずれます。

合格設計図という大きな予定を、週一回、GMという機会で見直してみてください。

 

「本当に自分この調子で受験間に合うかな」この意識を大切にしてほしいです。

 

合格設計図は入塾時に「できる」と自分で思った量です。過去の自分より意識が下がることが無いよう、日々精進していきましょう!

 

明日のブログ担当は、荒川担任助手です!お楽しみに!