ラストスパートの大切さ(受験生) | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2020年 2月 7日 ラストスパートの大切さ(受験生)

みなさんこんにちは!!!

本日ブログ担当の楢戸です!!

昨日、今日はとても冷え込みましたね。

くれぐれも体調を崩さないようお過ごしください。

さて、本日のブログでは「ラストスパートの大切さ」について、お話したいとおもいます。

2月に入ってから少し経過しましたが、私立大学の入試は結構進んできましたね。中には、第一志望の受験が終わった人や、正に今日の人もいるかもしれません。

入試を重ねるにつれて、「大丈夫かな」「受からなかったらどうしよう」「このままじゃやばいな」「もっと勉強しておけばよかった」など、いろいろな不安が頭を巡っていませんか??

不安」は何かに挑戦をすると、必ず現れます。「不安」=「頑張っているサイン」です。

僕は、不安や緊張を感じるとき、「よし、スイッチが入っている、頑張れる!」と思い込むようにしています。適度な緊張感はパフォーマンスを向上させるからです。

なので、不安になっているのは何も問題ありません。ただ、「大丈夫だ」と安心して何もしなくていいという訳ではありません。

何かしら不安が残るということは、完璧ではないからだと思います。

入試において、「完璧」になるのは、不可能に近いです。(もちろん完璧になれば最高ですよね。)

なので、「どれだけ完璧に近づけるか」、いや、「どれだけ合格に近づけるか」が肝心になります。

抜けがあると感じていても、今までの勉強に悔いがあったとしても、本番点数を取れれば、合格です。

なので、言い方は悪いですが、本番直前の短期記憶だとしても、点数がとれれば入試においてはOKです。

なので、絶対にこのタイミングで諦めないでください。

ラストスパート、逆転合格は可能です。今まで、模試の判定でEしかとったことのない生徒が、本番で第一志望の大学に合格した姿を僕個人でもたくさん見てきましたし、全国的にみたらそのような人が山ほどいると思います。もし、現時点で不安になっている人は、大逆転してやりましょう。

そのためにもラストスパート、全力で走り抜きましょう。

つくば校の皆さん!頑張れ!!!!!

過去の記事