ブログキャンパスツアー 早稲田大学編 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 6月 23日 ブログキャンパスツアー 早稲田大学編

先週に引き続き今週も飯泉がブログ担当させていただきます。

私の夏風邪もやっと治り、元の声に戻ることができました。

受験生の皆さんはこの時期に風邪にかかってしまうと相当なビハインドを負うことになるので、日頃からうがい手洗いの徹底をしましょう。

本当はマスクも本当はつけたいけど…..さすがに夏にマスクは暑すぎますよね(笑)

 

さて本日はブログのテーマにもある通り、私の通う早稲田大学の紹介をしたいと思います。

まずは皆さん、早稲田と聞いて何をイメージしますか?

まず「みんな知ってる大学」とイメージすると思います。

大学受験を知らない小学生でも「東大」「京大」「早稲田」「慶應」といった大学名は知っていますよね。

正月に箱根駅伝を見てる人にとっては馴染み深い大学だと思います。

「名前は聞いたことあるけれども良く知らない」という人のために少し紹介すると

早稲田大学は大隈重信が設立した大学で、100年以上の歴史がある大学です。

学部は全部で11学部あり、政治経済学部法学部商学部社会学部国際教養学部教育学部がある早稲田キャンパスのほかにも文学部文化構想学部のある戸山キャンパス、理工学部がある西早稲田キャンパスは東京の新宿区にあります。また、人間科学部スポーツ科学部は所沢キャンパスにあります。それぞれの学部に特徴があるので、もっと学部に興味のある人は調べてみて下さい。なかなか面白いですよ。

そして欠かせないのが大隈講堂

 

早稲田大学のメインスポットで海外から観光客も来ます。僕は今年、この大熊講堂で入学式をしましたがドラマの中にいるような気分でしたね(笑)

次に紹介したいのが僕の通う商学部のある11号館

かなりきれいな建物ですよね。僕もが高校生の時、オープンキャンパスに行って驚いたのはなんとエスカレーターがあること。どこかの企業のオフィスみたいですよね。これを見て僕も早稲田に憧れました。

早稲田大学のJR線の最寄駅は高田馬場駅で、「高田馬場は早大生の庭」と呼ばれるほど毎日学生が行き交っています。貧乏学生には優しい格安飲食店が多く立ち並び、新しい店が出来たら友達と一緒に行ってみたりします。下の画像が高田馬場駅です。新宿とは思えないくらい下町感にあふれていて、すぐになじめるいい街です。

早大生に特に人気なのは油そばとラーメン。油そばに関しては「早稲田で一番おいしい油そばが日本で一番」と言っても過言ではないほどハイクオリティな店が立ち並びます。写真は早稲田で一番人気の油そば店「麺爺」の油そば。昼には早大生が駆け込みます。

早稲田の事でもっと知りたい人は早稲田のサークルが発行している情報誌「マイルストーン エクスプレス」を読んでみてください。学部やサークル、授業や美味しい飲食店まで早稲田大学を知ることができます。

今年の夏は早稲田にオープンキャンパス行ってみよう!!!

 

以上、早稲田大学の紹介でした。