2週間後は国立前期試験! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2017年 2月 11日 2週間後は国立前期試験!

週のブログ担当の中山です。

皆さんお気付きではないようですが、今週と来週は筑波大学生とってとっても大事な2週間です。

なんと、、期末テスト期間なのです!

大学の期末テストは高校の時とは全く違います。

テスト日程もバラバラですし、なにより難易度が極端に違う…。先生によっては解けない問題を出したりします。

大学生みんな涙目です。

そんななかでも、みんなサークル活動をしたり、バイトに行ったりと「テスト期間だから。」と言い訳して休んだりはしません!

それは高校でも同じです!

テスト期間だからと言って受講をしなくていい理由にはなりません!ましてや東進に来ないなんて…。

なので、期末試験はもう終わってはいると思いますが、次回の定期テスト時にはちゃんと東進に来て、受講やマスターをやりましょう!

 

さて、国立大学を第一志望としている人や、国立大学を受験する人はもう把握していると思いますが、今日から約2週間後には国立大学の前期試験があります!

残り2週間ですが、受験生の皆さんは対策は十分にできていますか?

万が一十分でない場合でもこれから要点をを押さえて対策を練り効率よく勉強をすればまだ間に合います。

2週間という期間は短く感じますが、まだ終わったわけではありません。

最後まで諦めずに全力で挑みましょう!

 

新高校1、2、3年生の皆さんにですが国公立大学の合格発表はいつか知っていますか?

知っている人よく調べていてえらいですね!

実は大体3/6~3/10にあります。

その合格発表に名前が載るためにはセンター試験と2次試験で合格点に達しなければなりません

センター試験は同日体験があったので分かると思いますが、国公立(筑波大学)の2次試験は2/25にあります。

それでは、東進生の皆さんに問題です。 「2次試験の過去問や対策はいつやるでしょうか?」

正解はセンター試験と2次試験の間!ではありません!!

この1か月は私大の対策をしたりなどで十分に行えません!

じゃあいつやるか?今でしょ!じゃなくて、9月あたりから12月中旬まででやります。

具体的には、過去問10年分や答案練習講座などです。

何故かというと、4か月やる人と3か月やる人では、合格率が30%近く合格率が異なってくるからです。

4か月みっちりやる人は80%合格しますが3か月になると、50%になってしまうというデータがあります。

そうなると、それまでにセンター試験の対策を9月までに終わらせなければいけないことになりますね?

センター試験も2次試験と同じだけ重要で同じだけ時間が必要です。

そうすると4か月間やるためには今年の5月からセンター試験対策を始めなければなりません!

なので、そうできるように今のうちにマスター三冠と受講の早期完了をしないといけませんね!

まだできていない人は早めに終わらせましょう!

受講が遅れるのとはわけが違います!

受験の波に乗り遅れるとあとあとものすごく大変になります!

頑張りましょう!

 

★校舎からのお知らせ★

【西きょうじ先生特別公開授業】

あの有名な英語科教師、西きょうじ先生がつくば校にやってくる!!!!

【新年度特別招待講習】

学年の変わる節目に

つくば校で最高のスタートを切りませんか?

定員制のためお早目にお申込みください!

招待講習の流れは

①お電話(0120-403-104)またはネットからお申込み

↓の画像をクリックしてください。

三者面談にて現在の志望校・成績の確認

学力診断テストを受験し、その点数を基に講座内容の決定

受講開始!

対象:新高1・2・3生

今なら2講座の無料体験が可能です。

東進ハイスクールつくば校

皆さんのご来校をお待ちしております!

 

明日のブログは松浦先生です!楽しみに!