高校と大学の違いって?? | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 3月 4日 高校と大学の違いって??

こんにちは!角田です。

最近暖かくなってきてが近づいてきていることを実感しますね。

春が近いということは新年度が始まります!

この機会に心新たにして新たなスタートを切ろうという人も少なくないと思います。

ここでは受験に向けてスタートを切ろうという人に向けて高校と大学の違いって??というテーマで大学とはどのようなところなのか高校と大学では何が違うのかについて話していきたいと思います。

まず、一番最初に思いつく大学と高校の違いとはなんだと思いますか?

多くの人が大学は自由なところ!というイメージがあると思います。

ある意味正しいです。

しかし、その自由というのはただただ遊べるということとは異なります。

大学では、授業は決められた時間割で受講するのではなく自分が受ける必要のある授業や受けたい授業を選び自分で時間割を組んで授業を受けます。

だから皆さんが思っているように高校に比べて自由な時間が増え、自分のやりたいことに費やせる時間がとても増えます。

ここまでの話を聞いているとなんだ遊べる時間が増えるんじゃんと思ってしまいがちですよね?

しかし、良く考えてみて下さい。

自分で時間割を組むということは、自分で卒業に必要な授業などを全て管理しなければいけないということです。

自由な時間が増えるということは、自分でスケジュール管理を行い自分がやらなければならない事をこなしていかなければいけないということです。

自由な時間が増える=自分の管理次第で成長することもできる無駄な時間を過ごす事もできるということです。

みなさん、自由なことって案外大変だと思いませんか?

もし仮に、今いきなり時間割が無くなりHRもなくなり自由な時間が増えたとしたら100%自己管理できると言い切れますか?

だからこそ、高校生の今のうちから自分のスケジュールや自分の勉強計画を管理する習慣をつけましょう。

今日のブログはここまでです。明日は楢戸先生です!お楽しみに!!

ここからは東進からのお知らせです。