記述答案に慣れよう! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2016年 11月 21日 記述答案に慣れよう!

こんにちは、坂本です。

皆さんはきちんと1週間の予定を立てていますか?

僕は週初めに必ず計画を立てるようにしています。

まず「やりたいこと」「やらなければいけないこと」を考えて分類します。

次に優先順位を決めて予定に組み込んでいきます。

そして、毎日きちんと修正するのが大切です。

ぼーっと1週間を過ごすともったいないです。

今日の内容も予定を立てることの大切さを伝えます。

いよいよセンター試験が近くなってきました。

マークシートの問題演習も大事ですが、その一方で記述過去問演習も非常に大切なのがこの時期です。
なぜ?
センター試験後、二次私大の入試本番まで残されている時間はほとんどないからです。

国立だけでなく私立も複数校受けることを考えると、非常に厳しいスケジュールになってきます。

逆算して考えるとこの11月、12月前半を利用して記述対策もやっていかないとまずい!

特に私立入試は後回しにしておくと過去問演習ができないまま本番を迎えてしまうことも多々あります。

年内に最低でも1年分はやっておきたいところです。

東進では過去問演習講座を利用して国立・私立の過去問を10年分解く努力をしています。

ここで大切なのはしっかり自分で考えて予定を組むことです。

受験校の組み合わせは全員バラバラです。

難易度や日程を考慮して自分なりの過去問演習スケジュールを決めることが非常に大切になります。

記述演習で点数を取るにはセンター演習と同じくらいの努力が必要です。

普段から週間予定を立てる習慣をつけておくと非常に楽です。

過去問演習を平日にやるのか土日にやるのか、これだって千差万別です。

受験勉強に正解はありません。

色々な人の話を聞いて、鵜呑みにするのではなく、それを自分なりに理解すること

その上で自分にとっての受験勉強とはどうあるべきなのか。

他人の真似ではなく、悩みながら勉強し、修正できる部分はその都度していく。

ここをきちんと考えられる人は必ず上手くいきます。

入試間近になって不安になるのはみんな一緒です。

そういう時に頼れるのは自分の努力から生まれた自信です。

「自信なんてないですよ。」

本当にそうでしょうか?

今まで頑張ってきた努力を思い出してください。

それは全員が全員できることではありません。

途中で投げ出してしまう人もいるくらいです。

もっと自信を持って自分をほめませんか?

ここまで来たのですから最後まで駆け抜けましょう!

★校舎からのお知らせ★

【冬期特別招待講習】

東進に通っていない生徒の皆さん

最大3講座(1講座5つの授業です。)

無料で体験していただくイベントです。

申し込み方法は

①ウェブ

☟以下のリンクから申し込みできます。

②☎お電話

℡(0120―403―104)

「冬期特別招待講習希望」とお伝えください

明日のブログは渡辺先生です。

お楽しみに!