私が担任助手になった理由 | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2017年 12月 18日 私が担任助手になった理由

 

 

こんにちは!
久ぶりに登場の楢戸です!!!
最近寒くて寒くて大変ですね
皆さんは体に負担がないように食生活や体調管理には気を付けましょう!!

さて、今日のテーマ私が担任助手になった理由ですが、そもそもなぜ高校時代に東進に入ったのかという所から話したいと思います。

あれは高校2年生から3年生に上がる春のことでした・・・・

高校生活では部活を楽しみ春休みには鎌倉まで自転車行ってしまうなど、勉強とは程遠い高校生でした。

そんな中、高校の内部推薦の決定の時期が近づき自分の現状に気づいていなかった私は自分の実力を過信して一般受験で戦うことを決心しました

そして仲のいい友達が東進(違う校舎)に通うと聞き、自分もそろそろ勉強しなくてはと思い、東進での実力判定テストと、体験授業を受けてみることにしました。

そしてそのテストでの結果をみて笑ってしまうくらい驚きました。そこで大学入試の大変さと、自分の実力を見せつけられ、急がなくてはいけないと感じ即入学を決意しました。

入学した段階での自分の学力は、

 英語:できるふり
 国語:壊滅的にできない
日本史:ほぼ勉強したことがない

という感じでした。

それに加えて私は自分に甘い性格なので、勉強を続けることもできるか不安な状態でした。

そんな中で両親はもちろん、担任の先生やグループミーティングを担当して面倒を見てくれた担任助手の先生や、受付で「今日はどうだった?」など楽しく会話をしてくれる担任助手のおかげでモチベーションを維持することが出来ました。

なので、自分の合格は周りの環境(もちろんその環境を作ってくれた人も)のおかげです

大学に入り、何かしらアルバイトをしなくてはならないと考えていた自分としては、どうせやるなら、自分が最大限の努力をできる環境を与えてくれた東進で、何らかの恩返しという形で貢献したい考えました。

というのが担任助手を始めた理由ではありますが、東進でやると最終決定した出来事としては、担任との面談のなかで、「担任と生徒としてではなく、次は同じチームとして頑張る」という話をされたことです。その時に、なんかかっこいいなという漠然とした感情で始める決意をしました。

正直やってよかったかと聞かれることがよくありますがよかったです。

もちろん大変なこともたくさんありますがそれ以上に得られるものは大きいです

今日のテーマについての話は以上になりますが、もう入試までも残りわずかです

最後まで全力で頑張ってください!

そして合格して「次は何しようかな」と考えることがあれば、担任助手も少し考えてみてはどうでしょうか?

以上、本日ブログ担当の楢戸でした!!!!

 

明日のブログもお楽しみに