眠気を覚ます方法紹介! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 2月 27日 眠気を覚ます方法紹介!

こんにちは、麻生です。

2月25日は国公立二次試験がありましたね。高校3年生の皆さん、お疲れ様です。

かくいう私も実は、日商簿記検定2級の試験を受けていました!

試験後はやはり自分ができなかったところを悔やんでしまいますよね。それは大学受験を終えた私でも同じだし、人間なら絶対に失敗を後悔するものです。

だから二次試験を終えて不安に駆られている人も多いと思います。ですが、もう試験は終わったこと。

自分が次に何をするべきか、それを考えることが重要です。良く考えて迅速に行動に移しましょう!

さて、今回のテーマは「眠気を覚ます方法」ということで、いくつか東進のスタッフ間で持ち寄ったネタをお伝えしたいと思います!


①コーヒー、紅茶、ガム、アメなど

カフェイン、ブドウ糖が眠気改善に良い。エナジードリンク「モンスター」を使う人も。

②目薬

刺激の強めのほうが効果的。目の疲労も取れるので一石二鳥かも。

③指の1本1本をもう片方の指でつまむ

今井先生直伝!それでもだめなら体に痛みを与える。

④音楽を聴く

テンションがあがるような曲調が効果的。私は音楽を聞きながらだと勉強できないタイプなので良くわかりません。

⑤散歩する、音読する、踊る、友達と話す、ストレッチ

体を動かすと脳が活性化しますよね。東進の音読室をぜひ活用してください!

⑥姿勢を良くする

姿勢が悪いと脳が活性化しません。ちなみに、人間は自分の手元に目線を集中させやすいようになっているようです。勉強中に手を問題に添えておくと解きやすくなるかもしれませんよ。

⑦眠くなったら寝る!

これも大切なことです。20分以上寝てしまうと深い眠りにはいってしまうようなので15分くらいがベストでしょう。

(特別枠)力を入れる

楢戸先生のやり方。詳しいことは分からないですが、頼めば実践してみせてくれるそうです。聞いてみましょう(笑)

 

いかがでしょうか、自分のやり方があるかもしれませんが、試しに取り入れてみてもいいのでは?

ただし理想は早寝早起きをして眠気を起こさないことです!受験が近付いて後悔することがないよう、しっかり自己管理できるようにしていきましょう!

最後に校舎からの連絡です


 

明日のブログは染谷先生です。お楽しみに!