明日は国公立前期!つくば校からの激励メッセージ | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2018年 2月 24日 明日は国公立前期!つくば校からの激励メッセージ

皆さんこんにちは。

つくば校担任助手4年の渡辺です。

明日2月25日(日)は日本全国で一斉に国公立大学の前期入試が行われる日ですね。

国公立を受験される方々は、いよいよといった心持でしょうか。

これは自分の話になりますが、国公立大学を受験したのは今から4年前の話になります。

同じ筑波大学の学類を受験する高校の友達と、一緒に前日からつくばのホテルに泊まり、出願も2人同時に郵送したため当日の座席も前後に座ることができました。そのためか試験会場に向かうバスの中でも、会場に着いてからも、終始ほとんど緊張を感じず、リラックスして実力が発揮できたと記憶しています。

つい気持ちが高ぶってしまい、思わぬミスが引き起こされがちな第一志望校の受験において、そのような状態で臨むことができた自分は恵まれていたのかもしれません。

 

しかし、試験開始まであと数十秒に差し掛かり、「あの時もっとできたかもしれない」「なんでもっと早く始めなかったのだろうか」という考えがふと頭をよぎった途端に、後悔に近い猛烈な自責の念に苛まれた恐怖は今でも忘れません。結果的に合格できたので今の自分がありますが、当時を振り返って思うことは、自分のことは責めずに信じてあげるべきです。努力を積み重ねてきた人ほど「あの時こうしていれば~」と考えるもの。

「もともと大学入試は100%完璧に終わったなんて言う人はいない。

中途半端なりにも『これ以上頑張れない』という一日一日を繰り返した者だけが合格を手にするんだ」
(東進英語科・渡辺勝彦先生)

これは東進の英語の先生で、何度もつくば校に来て下さっている渡辺勝彦先生の言葉です。

このような意味では、試験前に抱える不安は全て杞憂に終わる可能性が高いと考えて、掻き捨ててしまった方がいいでしょう。

 

そして皆さんもこれまでに並々ならぬ努力をしてきています。

本当につくば校の皆さんは圧倒的な努力を積み重ねてきました。

そのことは自信に思って、明日は全てをぶつけてきてください!

あとは体調にも万全の備えを施して臨んでくださいね。

つくば校で皆さんの報告をお待ちしています!

頑張れつくば校生!!!

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

明日のブログは倉持先生が書いてくれます!

お楽しみに♪