今日は合格基礎力判定テスト! | 東進ハイスクールつくば校|茨城県

ブログ

2017年 12月 10日 今日は合格基礎力判定テスト!

こんにちは、本日ブログ担当の三枝です。つくばに引っ越してきてから初めての冬を迎えましたが、ここの冬は寒いですね。千葉とは地理的にそこまで離れていないのにこれだけ気温差があるというのは、不思議なものです。

さてさて、今日のブログテーマは大学合格基礎力判定テストです。本日実施されているこのテスト、実は一風変わった形式なんです。

普通の模試では自分の好きなペースで問題を解くことができ、大問の解く順番なども自由です。しかし、大学合格基礎力判定テストは大問ごとに時間が決められておりその時間内でその大問のみを解く、という形を取っています。なので時間が余ってしまったからといって次の大問に進むことも戻ることもできません。

これだけ見ると受験本番とは違って制約が多いため受験する意味がないと感じる人もいるかもしれません。

ですがこの模試の存在意義は制約が多いからこそあるんです。

大問毎に時間が区切られていることによって、自分の分野ごとの理解度を計ることができます。問題数も多いので、進行状況によってそれを計測できます。また、戻って解くことも進んで先に解くこともできないので本当の理解度を計ることができるんですね。

理解度を計って終わりにしてしまっては意味がありません。この模試が終わったら復習を念入りに行いましょう。理解が浅いところを重点的に復習できるとgoodです。

このブログを読んで、今まで敬遠していた人もこれからは受験して自分の弱点を効率的になくしていけるといいかなと。

 

 

明日のブログは大石先生です!楽しみにしていてくださいね。